中原区版 掲載号:2014年12月5日号 エリアトップへ

鳥インフル 中原区が監視重点エリアに 大田区でウイルス検出

社会

掲載号:2014年12月5日号

  • LINE
  • hatena

 大田区でホシハジロの死体からA型インフルエンザウイルスが検出されたことを受け、環境省は11月27日、市内の中原区、幸区、川崎区のそれぞれ一部を野鳥監視重点区域に指定した。12月1日現在、動物衛生研究所において養鶏産業に甚大な影響を及ぼすとされる高病原性かどうかの確定検査が行われている。

 鳥インフルエンザは鳥類の感染症で、病原性やウイルスの型によって高致死性のある高病原性か臨床症状をほとんど示さない低病原性かに区別される。感染した鳥と濃密な接触などを除いて、通常は人に感染はしない。鳥同士については、感染した鳥の排泄物などを通して発症する可能性があり、大きな被害につながる場合がある。

 川崎市健康福祉局によると、これまでに市内でA型インフルエンザウイルスの陽性が出た野鳥はいない。今回は大田区での発見を受けて、発生地から10Km圏内が4つの対応レベルのうち最も高い野鳥監視重点区域に指定された。

 検査では高病原性か否かが調べられる。確定検査の結果、高病原性だった場合は、野鳥監視重点区域の期間が45日間延長され、環境省が野鳥緊急調査チームを派遣するなど、監視が強化される。低病原性だった場合は、重点区域が解除となる。

 市では、種類のわからない野鳥の死体を発見した場合や、カラスやスズメなどでも、同じ場所で連続して死体を見つけた場合は、触らずに保健福祉センター衛生課に相談するよう呼びかけている。

中原区版のトップニュース最新6

機能・役割 検証へ

市立・公的医療8施設

機能・役割 検証へ

井田病院、国から「議論必要」

10月11日号

BBQ(バーベキュー)禁止、憩いの場に

丸子橋周辺多摩川河川敷

BBQ(バーベキュー)禁止、憩いの場に 社会

市、11月13日まで社会実験

10月11日号

市立校に半年で320万円

学校ふるさと応援寄附金

市立校に半年で320万円 教育

市民から周知不足指摘も

10月4日号

自主返納 7区で増加

運転免許

自主返納 7区で増加 社会

県市と民間 独自策に注力

9月27日号

学校教室「シェア」へ一歩

学校教室「シェア」へ一歩 教育

市教委、市民と可能性探る

9月27日号

値上げ難航、経営影響も

市バス運賃

値上げ難航、経営影響も 社会

市、資金不足19億円の試算

9月20日号

10月から義務化に

自転車保険

10月から義務化に 社会

中原区、高い事故率

9月20日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区民祭、20日に

区民祭、20日に

41回目、等々力緑地で

10月20日~10月20日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月11日号

お問い合わせ

外部リンク