中原区版 掲載号:2014年12月12日号 エリアトップへ

市消費者行政センター ウェブ関連の相談増加 前期比1.4倍の798件

社会

掲載号:2014年12月12日号

  • LINE
  • hatena

 商品の購入やサービスの契約など、消費生活に関する市民からの苦情や問合せが増えている。川崎市消費者行政センターによると、今年4月から9月までの相談件数は計4534件で、前期比449件の増加。特に、「デジタルコンテンツ」は約4割増え798件に上った。

 今年4月からの上半期、市消費者行政センターに寄せられた相談で最も多かったのは「デジタルコンテンツ」で、前期の582件より216件増え798件だった。次いで、「不動産貸借」が245件(同22件増)、「商品一般」が163件(同比23件増)、「工事・建築」が152件(同比38件増)、「携帯電話サービス」102件(同比13件増)と、いずれも増加した。

「ワンクリック詐欺」、二次被害も

 デジタルコンテンツに関する相談が急増した主な要因は、「ワンクリック詐欺」といわれるインターネット上での不当・架空請求が増えたことが挙げられる。ネットでの手軽さが災いしてしまう場合が多く、事例としては「スマートフォンからアダルトサイトに無料だと思いアクセスしたが、年齢認証に応じたところ有料会員に登録させられ10万円請求された。払う必要はあるのか」、「小学生の息子がオンラインゲーム内でアイテム等を購入し、親のクレジットカードで支払った。未成年で取消したい」など。 また最近では、こうしたトラブルを肩代わりする機関を装い「不当な請求を止める」「登録された情報を削除する」などと謳う詐欺サイトも増え、二次被害に遭うケースも多いという。同センターでは「消費者の動揺を誘い、対処方法もネットで検索する傾向にある」と注意を呼びかけている。

年末年始に増える「通販トラブル」

 年末年始は消費行動が増えることから、相談件数も例年増加傾向にあるという。特に多い相談は、クリスマスや正月の贈り物にと通販で購入した商品が「届かない」「届いたが偽物だった」など。同センターでは「ネット通販は特定商取引法に基づき、販売業者の氏名や名称、住所、電話番号などの記載が義務付けられている。全て記載された信用できるサイトを見極めることも重要」としている。

 同センター相談電話は【電話】044・200・3030。

中原区版のトップニュース最新6

待機児童 2年連続ゼロ

川崎市

待機児童 2年連続ゼロ 社会

保留は1,552人に減少

5月20日号

児童合唱団「魅力を次代へ」

児童合唱団「魅力を次代へ」 教育

市連盟が支援、区内拠点に

5月20日号

18年ぶり減少

中原区子ども人口

18年ぶり減少 社会

市内最多の3万3751人

5月13日号

落書き防止へ壁面装飾

南武沿線道路高架下

落書き防止へ壁面装飾 社会

フロンターレが区に協力

5月13日号

「緑化計画」19年ぶり改定

小杉地区

「緑化計画」19年ぶり改定 社会

市、市民や企業とも連携

5月6日号

イベント参加で記念品

中原区50周年

イベント参加で記念品 社会

魅力再発見へ通年企画

5月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook