中原区版 掲載号:2014年12月12日号 エリアトップへ

市政レポート 「選挙権」18歳に向けた主権者教育の重要性 川崎市議会議員 松川 正二郎

掲載号:2014年12月12日号

  • LINE
  • hatena

 平成26年6月に改正国民投票法が成立し、3年後に施行される運びとなりました。同法では満18歳以上の投票権が明記されています。また、選挙権年齢につきましても同法附則により2016年までに18歳に引き下げる議論が続けられています。

 こうした動向の背景には、若年層の政治への関心や投票率の向上、政治参加拡大等の必要性が永らくいわれているのは周知の通りです。

 この点に関して2000年代初頭より諸外国でも注目されているのがシチズンシップ教育です。中でも重要視されているのが主権者教育で、海外での取り組みに目を向けますと、実質的なプログラムの中で、主体的な政治参加の姿勢と個々人の考えを醸成していくことに力点が置かれています。殊に、実際の選挙を題材とした模擬投票等が成果を挙げており、この点について市議会代表質問で採り上げました。川崎市でも主権者教育の重要性は既に認識しており、現状は、公民分野での教育を始めとして、選挙管理委員会との連携による本格的な生徒会選挙の実施事業や他国の選挙制度との比較議論、選挙権年齢の引き下げに関する論文作成といった取り組みを行っています。

 今後はこうした取り組みに加え、実効性のある模擬投票の有効性を踏まえながら、プログラムの実施に向けた研究協議を進めていく旨の前向きな答弁を教育委員会並びに選挙管理委員会より頂きました。18歳の若者が戸惑うことなく選挙で投票できる環境づくりは重要であると考えています。

松川正二郎

川崎市中原区上丸子山王町1-1420

TEL:044-431-0523

http://matsukawashojiro.com/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

市バス経営改善の取り組み

市政報告Vol.15

市バス経営改善の取り組み

川崎市議会議員 重冨たつや

5月20日号

活気のある住み良い街をめざして

意見広告

活気のある住み良い街をめざして

いど 清貴

5月13日号

第2次川崎市道路整備プログラム後期に苅宿小田中線2期の文言を残すための闘い

綱島街道の渋滞解消へ

市政レポートNo.112

綱島街道の渋滞解消へ

川崎市議会議員大都市税財政制度調査特別委員会委員長原 典之

5月6日号

県の補助も首都圏で最下位

県政報告

県の補助も首都圏で最下位

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

4月29日号

小児医療費助成拡充を早急に

市政報告

小児医療費助成拡充を早急に

日本共産党川崎市会議員団 市古 次郎

4月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook