中原区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

民主党市議団市政レポートNo.53 町内会・自治会の負担軽減を 川崎市議会議員 おしもとよしじ

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena

会館整備に対する補助制度が見直しへ

 先日閉会した第4回定例会において住民自治や防災組織の役割を担う「町内会・自治会」について議論を行い、負担軽減策を提言しました。まず、町内会・自治会会館の整備についてですが、本市はこれまで「建設資金補助金」及び「耐震改修工事等助成金」制度により、整備・耐震化を支援して来ました。しかし、町内会・自治会の工事資金不足を背景に旧耐震基準の市内・木造会館79棟中、昨年度末で30棟の耐震化を目指しましたが、昨年1年間での実績は2棟、合計21棟に留まり、これらの制度疲労が明らかになりました。私は、このような状況について第3回定例会で質疑し、この度の見直しの契機となりました。この見直し内容を今定例会で質すと「制度変更により、工事費の一部を直接補助することで、資金面で工事実施に踏み切れなかった団体についても、前向きに検討いただける」とした上で、バリアフリー化等のニーズについても「補助対象として建替・新規取得、耐震改修に加え、その他の改修等に対応する補助制度とすることで、多様化する要望に柔軟に対応できる」と答弁し、改善が図られました。

防犯灯維持管理に新たな手法導入

 また、これまで町内会・自治会等が主に設置・維持管理してきた防犯灯について、本市が主体となり新たな手法(※ESCO事業)を導入することによって、町内会・自治会にかかっていた維持管理等に係る負担軽減を図り、更に防犯灯LED化を進められることが、代表質疑の中で明らかになりました。※ESCO事業とは、従来型防犯灯を一斉にLED防犯灯に交換する工事とその後10年間にわたる維持管理業務をあわせて事業者に委託するもので、町内会・自治会等の電気料や維持管理にかかる費用及び労務負担を大幅に軽減することが出来るとされています。

活動活性化に条例を制定

 さらに、町内会・自治会活動の活性化に関して基本理念、市の責務等を定めた「川崎市町内会・自治会の活動の活性化に関する条例」が議員提出議案として上程され、賛成多数により可決成立、暮らしやすい地域社会の構築に寄与する事が期待されています。結びに、今後も上記で紹介した事業等を滞りなく推進し、関係者にかかる負担の軽減を図ってまいります。

市議・押本吉司

http://www.oshimoto.info/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

市民の声に応え、利便性に資する「市内バス路線ネットワークの再編を」

市政報告vol.48

市民の声に応え、利便性に資する「市内バス路線ネットワークの再編を」

自民党川崎市議団副団長 末永 直

7月12日号

令和元年 第三回定例化を終えて

市政報告Vol.2

令和元年 第三回定例化を終えて

川崎市議会議員 松川正二郎

7月5日号

神奈川県後期高齢者医療広域連合議員に選出

市政レポート

神奈川県後期高齢者医療広域連合議員に選出

自民党川崎市議団 原 典之

7月5日号

川崎港に於けるホテルシップ運営について

市政報告

川崎港に於けるホテルシップ運営について

川崎市議会議員 松原しげふみ

6月28日号

悪質な事業者による給付費不正請求を追及

市政レポートNo.114

悪質な事業者による給付費不正請求を追及

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

6月28日号

かかりつけ薬剤師・薬局を

意見広告

かかりつけ薬剤師・薬局を

日本薬剤師連盟副会長 本田 あきこ

6月28日号

多様性認め合う社会へ

意見広告

多様性認め合う社会へ

行政書士 澁谷貢

6月28日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年7月12日号

お問い合わせ

外部リンク