中原区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

市内中小企業 「景気停滞感」続く 市産業振興財団の調査

社会

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena

 市内の中小企業には「景気停滞感」が続いている――。川崎市産業振興財団はこのほど、市内の中堅中小企業を対象に行った経営実態調査レポートを発表した。この傾向は年度末まで続くと見込まれ、事業方針について「現状維持」と半数の企業が回答した。

 調査は今年9月下旬に実施。同財団がデータを保有する市内の中小企業1968社を対象に、380社から回答を得た(有効回答率は19・3%)。

 「現在の受注・販売状況」と比較した「半年後の見通し」について、「緩やかに減少・減少」と回答した企業は32・6%から27・1%へ減少した。「横ばい」は40・8%から46・8%に増加。「緩やかに増加・増加」はともに25・0%だった。

 今後3年間の事業方針については、半数を超える51・8%が「現状維持を図る」と回答。次に「新たな展開を図る」が21・8%、「拡大を図る」が16・3%と続き、「縮小・撤退を図る」は7・9%だった。

 前回調査よりも受注・販売状況が「横ばい」で、事業方針を「現状維持」と答えた企業が増える結果となった。市内の中小企業は「景気停滞が継続し、年度末もこの傾向が続く」とみていることがわかった。この結果について、同財団は「景気が停滞し、中小企業経営者は先行きの景気判断に慎重な姿勢を示している」と分析している。

 また、消費税率引き上げによる業績への影響について、最も多かった回答は「影響はない」で49・2%だった。次いで「悪影響」が26・8%で「分からない」が14・5%となり、「かなり悪影響」が8・2%だった。

中原区版のトップニュース最新6

市内初の「分煙強化型」に

武蔵小杉駅喫煙場所

市内初の「分煙強化型」に 社会

煙拡散を軽減

12月13日号

浮世絵ギャラリー開館

JR川崎駅前

浮世絵ギャラリー開館 社会

インバウンド効果に期待

12月13日号

8年ぶり男女で県V

市立橘高バレー部

8年ぶり男女で県V スポーツ

「春高」への切符掴む

12月6日号

夜間部縮小、再編へ

市立高校定時制

夜間部縮小、再編へ 教育

昼間部は拡大 需要に変化

12月6日号

30日、武蔵小杉に乗り入れ

相鉄・JR直通線

30日、武蔵小杉に乗り入れ 経済

県央部へのアクセス向上

11月29日号

対象施設 7割未作成

水害等避難計画

対象施設 7割未作成 社会

市、台風被害受け危機感

11月29日号

30施設 復旧は来年度

多摩川河川敷

30施設 復旧は来年度 社会

市、原状回復へ補正予算

11月22日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年12月13日号

お問い合わせ

外部リンク