中原区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

そば振る舞い60年 中原そば商組合

文化

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena
記念冊子を手にする組合メンバー
記念冊子を手にする組合メンバー

 来年60周年を迎える、中原そば商組合は、1956年3月に、川崎中央組合から独立し発足した組織。「お客様に美味しいおそばを提供する」ことをテーマに会員同士での研究会や設備改善、材料等の情報交換などを行い、さらに老人福祉施設や新日本学園などでの慰問活動も行ってきた。一時は加盟店が42店舗まで増えたが、後継者不足などの影響で現在は中原区を中心に20店舗となっている。

 そんな中、11月には、区内周辺のそば屋をめぐる「そばラリー」付きのガイドブックを発行した。佐藤敏彦会長は「美味しいそばを提供しようと頑張っているお店を地域の方々に知ってほしかった」と話している。ガイドブックは各店舗などで手に入れることができ、既に多くの人達がそばラリーに参加し、好評を得ているという。

年越しそばで幸せを

 なお、今回は組合の中で年越しそばを提供しているいくつかの店舗を紹介。佐藤会長は「年越しそばは、大晦日(12月31日)に縁起をかついで蕎麦を食べる習慣のことを言います。蕎麦は長く伸ばして細く切って作る食べ物なので、細く長くということから『健康長寿』『家運長命』などの縁起がかつがれています。ぜひ年越しそばを食べて幸せな一年にしましょう」と話している。
 

中原区版のローカルニュース最新6

等々力リベンジへ結束

SHISHAMO

等々力リベンジへ結束 文化

来夏ライブ、市長と語る

10月18日号

多世代で映画鑑賞

多世代で映画鑑賞 文化

9人参加、座談会も

10月18日号

秋のバラ、公開始まる

秋のバラ、公開始まる 文化

生田緑地で2900株

10月18日号

区剣道連盟に優勝旗

北ロータリークラブ

区剣道連盟に優勝旗 スポーツ

60周年記念事業で

10月18日号

赤い羽根募金始まる

赤い羽根募金始まる 社会

パルるんが協力呼びかけ

10月18日号

児童が「職業」表現

児童が「職業」表現 教育

内藤アカデミーで研究発表会

10月18日号

小松亮太さんら出演

タウンニュース社主催

小松亮太さんら出演 文化

タンゴスペシャルコンサート

10月18日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

区民祭、20日に

区民祭、20日に

41回目、等々力緑地で

10月20日~10月20日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年10月18日号

お問い合わせ

外部リンク