中原区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

そば振る舞い60年 中原そば商組合

文化

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena
記念冊子を手にする組合メンバー
記念冊子を手にする組合メンバー

 来年60周年を迎える、中原そば商組合は、1956年3月に、川崎中央組合から独立し発足した組織。「お客様に美味しいおそばを提供する」ことをテーマに会員同士での研究会や設備改善、材料等の情報交換などを行い、さらに老人福祉施設や新日本学園などでの慰問活動も行ってきた。一時は加盟店が42店舗まで増えたが、後継者不足などの影響で現在は中原区を中心に20店舗となっている。

 そんな中、11月には、区内周辺のそば屋をめぐる「そばラリー」付きのガイドブックを発行した。佐藤敏彦会長は「美味しいそばを提供しようと頑張っているお店を地域の方々に知ってほしかった」と話している。ガイドブックは各店舗などで手に入れることができ、既に多くの人達がそばラリーに参加し、好評を得ているという。

年越しそばで幸せを

 なお、今回は組合の中で年越しそばを提供しているいくつかの店舗を紹介。佐藤会長は「年越しそばは、大晦日(12月31日)に縁起をかついで蕎麦を食べる習慣のことを言います。蕎麦は長く伸ばして細く切って作る食べ物なので、細く長くということから『健康長寿』『家運長命』などの縁起がかつがれています。ぜひ年越しそばを食べて幸せな一年にしましょう」と話している。
 

中原区版のローカルニュース最新6

過去5年で最多

川崎市火災件数

過去5年で最多 社会

要因に連続放火など

1月14日号

3月12日、開通

多摩川スカイブリッジ

3月12日、開通 社会

各種イベントも予定

1月14日号

「芝」がつないだ名将との縁

市立川崎高サッカー部

「芝」がつないだ名将との縁 スポーツ

故・小嶺忠敏さん秘話

1月14日号

未来志向の日韓交流へ

未来志向の日韓交流へ 社会

民団が新年の集い

1月14日号

プラ循環「成功させる」

プラ循環「成功させる」 政治

福田市長が新年の辞

1月14日号

地元企業らと連携

川崎競馬場

地元企業らと連携 スポーツ

プレゼントグッズを制作

1月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 1月1日0:00更新

  • 10月22日0:00更新

  • 10月8日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年1月14日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook