中原区版 掲載号:2014年12月26日号 エリアトップへ

川崎市・大田区 "共湯"お風呂アプリ完成 スタンプラリーも実施

文化

掲載号:2014年12月26日号

  • LINE
  • hatena
ケロロ(中央)とPRする近藤会長(右)と星野副会長
ケロロ(中央)とPRする近藤会長(右)と星野副会長

 川崎浴場組合連合会は、東京・大田区の大田浴場連合会と連携し、銭湯の検索とスタンプラリーが楽しめるアプリ「さくっと銭湯マップ」を作成した。

 川崎市、大田区の全銭湯102軒を検索することができる銭湯ナビゲーションアプリで、スマートフォンやタブレットにインストールすると、現在地から最寄りの銭湯が検索できるほか、住所から銭湯を探すことが可能だ。

 配信されているアプリでは、フラッシュアニメーション「ケロロ」とタイアップしたスタンプラリーを来年2月28日までの期間限定で実施。銭湯のフロントでQRコードを読み取り、スタンプを一定数集めると、オリジナルタオルが当たる抽選権がプレゼントされる。

 大田区と川崎市は昨年4月、産業連携に関する基本協定を締結。それを受けて、大田区・川崎市浴場連携事業実行委員会(近藤和幸会長)が結成され、事業に取り組んだ。近藤会長は「大田区と川崎市は川を挟んで隣。スマホ片手に各地域の銭湯をめぐって楽しんで」と話した。川崎浴場組合連合会の星野実副会長は「家族連れなど、様々な世代の人に利用してもらえれば」と話していた。

マラソンやジョギングの拠点に

 川崎浴場組合連合会では、ジョギングやマラソン、ウォーキングのスタート・ゴールの拠点等として銭湯を利用する「スポ銭」を勧めている。

 銭湯の営業時間内なら利用可能で、ロッカーでの荷物の保管や着替え等ができる。もちろん、スポーツで汗をかいた後には、浴場でリフレッシュ。

 詳細は組合に加盟する銭湯に問い合わせを。
 

中原区版のローカルニュース最新6

盆踊り3千人で踊ろう

富士通スタ

盆踊り3千人で踊ろう 社会

18日、世界記録に挑戦

8月16日号

夏の危険想定し訓練

中原消防団

夏の危険想定し訓練 社会

冷静な対応学ぶ

8月16日号

多様なスポーツ集結

カルッツ

多様なスポーツ集結 スポーツ

25日、体験企画やプロレス

8月16日号

内藤教室長が最新絵本出版

内藤アカデミー

内藤教室長が最新絵本出版 社会

あす、記念コンサート

8月16日号

求む「地場産返礼品」

川崎市

求む「地場産返礼品」 経済

8月23日、事業者向け説明会

8月16日号

皆で考える「子育て多様性」

市民活動団体Ship

皆で考える「子育て多様性」 社会

「みんなの学校」上映会

8月16日号

下沼部小にナイアガラ

下沼部小にナイアガラ 教育

初の玉川夏祭りに多くの人出

8月9日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク