中原区版 掲載号:2015年1月16日号 エリアトップへ

意見広告 『夢をかたちに!』心かよう街づくりをめざして 民主党神奈川県第10区総支部副幹事長中原区市政担当松井たかし

掲載号:2015年1月16日号

  • LINE
  • hatena

 小寒が過ぎ、寒さがますます厳しくなっておりますが、皆さまにはお体をご慈愛いただきたいと思います。

 さて、本号では、松井たかしの生い立ちの紹介と、『夢をかたちに!心かよう街づくり』に対する想いを述べさせていただきます。

 私を知っていただくために今日までの生い立ちを紹介します。私、松井たかしは、昭和39年2月に奈良県北葛城郡でサラリーマンの家庭に生まれました。3歳の頃に大阪府柏原市に転居し、昭和61年3月に大学を卒業するまで住んでいました。川崎市中原区には、昭和61年4月富士通(株)に入社と同時に転居してきました。その後、約2年間愛知県の関連会社に出向し、中原の地を離れましたが、富士通(株)への復職から現在に至るまで、中原区に住み、生活しています。

明るく、安全で、安心して暮らせる7つのプラン【4】『子育ての輝く街づくり』

 川崎市では、本年4月1日の待機児童解消に向けて、保育受け入れ枠の拡充などの施策が実施されます。より子育てがしやすいまちとなるよう、今後も待機児童対策と、さらに子どもの健全な心の発達のため、保育環境の整備も必要です。

 また、障がいのある児童生徒の受け入れ拡大と、子どもの豊かな心の醸成のため、30人学級の環境づくりが必要です。

明るく、安全で、安心して暮らせる7つのプラン【5】『環境にやさしい街づくり』

 川崎市では、地球環境にやさしい持続可能な循環型のまちを目指すため、廃棄物発生の抑制、リサイクルの促進、適正処理を確保することにより、天然資源の消費を抑制し、環境への負荷をできる限り低減する、環境にやさしい街づくりを進める必要があります。また、「花と緑のうるおいあるまち」にしていくため、100万本植樹計画の推進と、さらなる拡充が必要と考えます。さらに、歴史土木遺産の「二ヶ領用水」を始め、主要河川の周辺整備も必要です。
 

松井たかし 

川崎市中原区上小田中4-1-1

TEL:044-754-2583
FAX:044-754-2333

http://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

この猛暑の中、空調設備がないスポーツ施設がある「スポーツのまち・かわさき」

旧自治会館跡地利用について

市政レポートNo.115

旧自治会館跡地利用について

川崎市議会議員大都市税財政制度調査特別委員会委員長原 典之

8月5日号

民主主義の根幹『選挙』投票所の課題解消へ

市政レポートNo.143

民主主義の根幹『選挙』投票所の課題解消へ

みらい川崎市議会議員団 副団長 おしもとよしじ

7月29日号

小中学校給食費の無償化を

市政報告

小中学校給食費の無償化を

日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

7月29日号

再生可能エネルギー活用のために

県政報告

再生可能エネルギー活用のために

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

7月29日号

市民の声が反映される等々力緑地を

市政報告

市民の声が反映される等々力緑地を

日本共産党川崎市会議員団 市古 次郎

7月29日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月5日0:00更新

  • 7月29日0:00更新

  • 7月22日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年8月12日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook