中原区版 掲載号:2015年1月30日号 エリアトップへ

(PR)

「事前に葬儀社の確認を」 川崎葬儀社・齋藤社長に聞く葬儀ブローカー対策

掲載号:2015年1月30日号

  • LINE
  • hatena
説明する齋藤社長(上)と同社のスタッフ
説明する齋藤社長(上)と同社のスタッフ

 悪質な葬儀ブローカーに気を付けて――。店舗や安置所など自社の設備を持たず、受注をして他社に丸投げをする「葬儀ブローカー」。再開発が著しい中原区が今、狙われているという。市内の葬儀社からなる川崎葬祭具協同組合副理事長を務める、(株)川崎葬儀社の齋藤隆社長に聞いた。

 「例えば、中原区は人口増加や高層マンションの建設ラッシュなど、さまざまな理由で葬儀需要が高まっています。悪質なブローカーはそこに付け込みます。高額な料金請求や中途半端な施行など、被害に遭わないためには、事前に葬儀社を確認して下さい。施設や設備は、訪問や見学でおおよそ確認できます。会社が存在しなかったり、HP(ホームページ)のみで実体のない葬儀社もあるので注意して下さい」。

 施設や設備の有無は料金にも関係する。「安置所などの設備が不十分な会社は委託が多い。外注する分、高額になります。低料金に見えても追加で高額になる恐れがあります」と話す。

終活相談にも対応

 同社は創業64年。終活相談のほか、葬儀にまつわる疑問やトラブル相談に年中無休で対応している。葬儀の相談や事前見積りはすべて無料。相談者には、葬儀の流れや施主の役割をまとめた「施主ノート」をプレゼントしている。

株式会社川崎葬儀社

川崎市中原区小杉町3-26

TEL:0120-12-4940

http://www.0120-12-4940.jp/

中原区版のピックアップ(PR)最新6

イベントを通して豊かなまちへ

イベントを通して豊かなまちへ

NPO法人カワサキミュージックキャスト

6月11日号

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

コロナ禍の葬儀、どうすれば?

80代女性の相談「施設に入っている主人が心配」

6月11日号

「電気三輪自動車」で世界へ

今年中に販売開始予定

「電気三輪自動車」で世界へ

(株)日本エレクトライク

6月11日号

生コンに「もったいない精神」を

生コンに「もったいない精神」を

 宮松エスオーシー

6月11日号

植物由来100%の実現めざす

地球、食材、身体に優しい

植物由来100%の実現めざす

(株)ユニオン産業

6月11日号

1回の採血で部位別に「がんリスク」を判定

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter