中原区版 掲載号:2015年2月27日号 エリアトップへ

小杉で藤の木植樹 桜に変わる新たな名物へ

文化

掲載号:2015年2月27日号

  • LINE
  • hatena

 武蔵小杉の二ヶ領用水沿いにある総合自治会館前広場で2月19日、藤の木の植樹式が行われた=写真。

 みどりにちなみ、地域の人々と交流を図る取り組み「みどリンクアクション」を実施している東京急行電鉄(株)の支援を受け、協同組合武蔵小杉商店街と武蔵小杉周辺開発協議会が企画した。

 広場付近では4月に名物の桜まつりが開かれるなど地域住民の憩いの場となるが、その桜も既に植えられてから60年以上が経ち、衰退してきているという。そこで同商店街と開発協議会では、後世に残る新たな名物をつくろうと桜シーズンが終わる4月後半頃に色づく藤の木を植樹することを決めた。

 代表の松本等さんは「まかぬ種は生えぬといいますが、桜は先代の誰かが植えてくれたから今地域の皆様が楽しむことができる。将来この藤が綺麗に咲き、藤まつりがにぎやかに開かれ新たな名物になれば嬉しい」と話す。

 今回の式典では3本の木が植樹され、東急がアルミ製の藤棚も寄贈した。東急都市開発事業本部都市戦略事業部の東浦亮典統括部長は「12年から緑化活動に尽力している団体を支援している。緑の取り組みがリンクして豊かで元気あふれる街となり地域の未来へ繋がってほしい」と思いを述べた。

 藤の木は早ければ来年、遅くても再来年には花が咲く予定で、桜色から藤色に変わる風情は新たな楽しみになりそうだ。

中原区版のローカルニュース最新6

「目の検診、充実を」

市眼科医会

「目の検診、充実を」 社会

副市長に要望

6月11日号

3人体制で新たな一歩

3人体制で新たな一歩 文化

川崎純情小町☆

6月11日号

警察署窓口、4時までに

警察署窓口、4時までに 社会

オンライン化に向け試行

6月11日号

所属委員会決まる

神奈川県議会

所属委員会決まる 政治

6月11日号

川崎、ファンと結束強め

バスケB1

川崎、ファンと結束強め スポーツ

感謝祭に1400人超

6月11日号

「日々の生活にSDGsを」

「日々の生活にSDGsを」 社会

小泉大臣インタビュー

6月11日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月11日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter