中原区版 掲載号:2015年3月12日号 エリアトップへ

川崎市 プレミアム商品券発行へ 秋口から年末まで利用

社会

掲載号:2015年3月12日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は市内消費を喚起しようと、割増率が20%のプレミアム付商品券を発行する。国の交付金を活用し、発行規模は33億円。夏頃に購入申し込みの受け付けを行い、秋口から12月末まで市内の商店街や大型店などで利用できる。

 プレミアム付商品券は昨年末に安倍内閣で閣議決定された緊急経済対策。これを受け全国の多くの自治体で発行を進めているとみられる。

 川崎市がこのほど発表した一般会計追加補正予算案によると、プレミアム商品券の発行規模は33億円。国からは7億9700万円が交付され、このうち、5億5000万円が20%のプレミアム分に充当される。

 販売は川崎市、川崎商工会議所、川崎市商店街連合会などの経済団体でつくる「(仮称)消費喚起型商品券実行委員会」が行う。販売価格は未定というが全国の自治体では1冊1万円での発行が主流とされ、この場合、27万5000冊発行される。1枚あたりの金額や販売上限額は今後設定される。

 販売時期は夏頃を予定。「20%のプレミアムが付いたお得な商品券だけに、店舗販売には多くの人が殺到する恐れがある」(市幹部)ことから、申し込み制となる。同じような販売方法は昨年、奈良県で実施された。これを参考にすると、申込期間は1カ月程度になる模様。

 商品券の利用時期は秋口から12月末まで。利用できる業種は市内の不動産取得、風営法適用業種を除いた小売業、サービス業。市内には約2万店舗あり、市では「できるだけ多くの店舗でプレミアム付商品券を利用できるようにしたい」としている。

 市では今月末までに実行委員会を立ち上げるとともに、プレミアム商品券の名称や利用できる店舗の募集なども行う。

中原区版のトップニュース最新6

30年後、「脱炭素」実現へ

川崎市

30年後、「脱炭素」実現へ 経済

排出量ゼロへ戦略策定

11月27日号

「応援券」利用で活気

「応援券」利用で活気 経済

区内1169店舗が登録

11月27日号

等々力舞台に動画配信

音楽フェス「インユニティ」

等々力舞台に動画配信 文化

1月公演へ向け、PR

11月20日号

操縦士 昼夜2人体制へ

川崎市消防ヘリ

操縦士 昼夜2人体制へ 社会

国基準、段階的に増員

11月20日号

キャリア教育に「SDGs」

新城小

キャリア教育に「SDGs」 教育

富士通、オンラインで協力

11月13日号

風水害とコロナに備え

市総合防災訓練

風水害とコロナに備え 社会

避難場所分け、対応確認

11月13日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク