中原区版 掲載号:2015年3月20日号 エリアトップへ

市政報告 川崎らしい空家対策【2】〜将来課題の切り札に 川崎市議会議員 吉岡 としすけ

掲載号:2015年3月20日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は少子高齢化が叫ばれる日本にあって人口が増加している数少ない都市です。しかし、市の将来推計によると平成42年頃、人口のピークを迎えます。その後、全国の人口減少の影響で急激に人口が減少すると推計されています。

■空家は大きな財産

 将来、川崎でも多くの流入人口を支えていた住宅に空家が多くなるだろうと想定されています。平成27年の現在でも、中原区内には約1万棟もの空き家が有ると推計されています。人口密度が高く、公共に使える土地がほとんど無い中原区では空き家は大切な財産と言えるでしょう。

■活用こそ活力源

 この空家活用が将来の公益的費用を低減させ、川崎市が抱える将来課題の切り札になるのではないでしょうか。すなわち、【1】子育て支援策の充実、【2】高齢者の暮らしに安心と充実した日々の提供、【3】街の安心と安全の提供、それぞれをバランスよく実現すると云う課題の切り札として持ち主と行政、そして市民の3者で活用をすることが重要だろうと考えています。

■想定される活用は?

 活用はまず、子育て応援住宅はどうでしょうか。お子さんが成長するにつれ生活音は大きくなります。この生活音が近隣トラブルを引き起こし、のびのびと子育てする障害になっている現状もあります。このような状況を解消する切り札になるかもしれません。また、高齢者の一人住まいの方も増加をされています。介護サービス付きのシェアハウスやケアハウスとして住み慣れた地域に近いところで暮らし続けられる拠点にしたり、ご近所の方たちが気楽に集えるコミュニティハウスとしての活用も考えられます。

■今後どうする?

 このように活用は不動産市場に返すだけでは「もったいない」と思っています。持ち主の協力を得られるルールを明確にすることが重要と考えています。このためには条例など検討し、定めて行く事も重要と考えています。

 何にもまして持ち主の皆さんの協力を得やすい、また、公平な制度を目指してまいります

吉岡としすけ

川崎市中原区苅宿46-19

TEL:044-431-6564
FAX:044-411-0558

http://www5e.biglobe.ne.jp/~tyosioka/index.html

中原区版の意見広告・議会報告最新6

感染抑制のためにPCR検査を

県政報告

感染抑制のためにPCR検査を

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

10月9日号

市は車両、車中避難体制を確立せよ。

市政報告vol.64

市は車両、車中避難体制を確立せよ。

川崎市議会 自民党川崎市議団副団長 末永 直

10月9日号

国への要望みのり、多摩川の治水対策が決定!

川底土砂掘削工事、下水道ゲートの自動化、監視カメラ設置地など 県政報告Vol.15

国への要望みのり、多摩川の治水対策が決定!

神奈川県議会議員 川本 学

10月9日号

市民の命を最優先に保健所体制の強化を

市政報告

市民の命を最優先に保健所体制の強化を

日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

10月9日号

観測機器のデータとコロナ禍の災害対応

市政レポートVol.14

観測機器のデータとコロナ禍の災害対応

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月9日号

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク