中原区版 掲載号:2015年3月27日号 エリアトップへ

意見広告 市民の声が届く 地方政治の変革を 川崎市政を考える会 重冨たつや

掲載号:2015年3月27日号

  • LINE
  • hatena

 「国があなたのために何をしてくれるのかを問うのではなく、あなたが国のために何をなすことができるのかを問うて欲しい」米国の第35代大統領ジョン・F・ケネディの就任演説での言葉です。この言葉は、私たちが50年後100年後の日本のことを考える時にとても大きな意味を持つ言葉だと私は確信しています。日本は人口減少社会・超高齢化社会を迎えています。急激な人口減少を食い止める施策や、社会保障費の増大を食い止める施策が必要です。しかしそれだけでは、これまでのように”手遅れの対処療法”で対応し続けることになるのではないでしょうか。

 日本は見事な戦後復興を遂げました。私たちの先輩方が、1日1日を大切に、しっかりと家庭を支えてきてくれたからです。心から感謝したいと思います。しかしその過程で日本人は大切なものを忘れてしまいました。それは、主権者として政治に関心を持つことの意味です。税収が増え続ける時代は終わりました。私たちはいつになれば、大切な家族が住む街のことを自分事として考え、未来への責任を果たせるようになるのでしょうか。

 当会は、市政の在り方を変えていく為に活動をしています。まずは市議会を変えていく必要があります。時間の流れが速いこの時代に、選挙の時だけ市民の前に現れる議会では、その時その時の市民の声を代弁することができません。もちろん、議員個人として市民の声に耳を傾ける努力はこれまでも行われてきました。この努力が担ってきた役割や功績は疑う余地もありません。しかし、議会という組織が市民の声に耳を傾け、それを市政に反映させていく仕組みはありません。特定の議員の後援会などに属さない大多数の市民の声が、市政に反映されにくい政治には変革が必要です。議会としての報告を義務付ける議会基本条例はその第一歩になります。

 仕事をして家庭を支えながらも街の未来を考えられる。このような地方政治は実現不可能なのでしょうか。政治離れはもはや国民性といえるかもしれません。100日で変わることではないでしょう。1000日で変わることもないかも知れません。しかし、変え始めようとする責任が私たちにはあります。

 私たちが信頼できる政治をいつの日か実現するために、当会では全力を尽くしてまいります。

重冨たつや

中原区上小田中5-10-14メゾン中原102

TEL:044-920-9991

http://shigetomi-tatsuya.com

中原区版の意見広告・議会報告最新6

JR向河原駅に「賢い踏切」導入決定!

市政レポートVol.19

JR向河原駅に「賢い踏切」導入決定!

川崎市議会議員 吉沢 直美

5月27日号

井田中部リハ施設修繕・向河原駅前賢い踏切導入へ

市政レポートNo.141

井田中部リハ施設修繕・向河原駅前賢い踏切導入へ

みらい川崎市議会議員団 副団長 おしもとよしじ

5月27日号

市バス経営改善の取り組み

市政報告Vol.15

市バス経営改善の取り組み

川崎市議会議員 重冨たつや

5月20日号

活気のある住み良い街をめざして

意見広告

活気のある住み良い街をめざして

いど 清貴

5月13日号

第2次川崎市道路整備プログラム後期に苅宿小田中線2期の文言を残すための闘い

綱島街道の渋滞解消へ

市政レポートNo.112

綱島街道の渋滞解消へ

川崎市議会議員大都市税財政制度調査特別委員会委員長原 典之

5月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月27日0:00更新

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月27日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook