中原区版 掲載号:2015年4月16日号 エリアトップへ

多摩川に鮎5万匹放流 川崎河川漁業組合

社会

掲載号:2015年4月16日号

  • LINE
  • hatena
ホースを使って一斉に鮎を放つ組合員
ホースを使って一斉に鮎を放つ組合員

 川崎河川漁業協同組合(井口文夫組合長)は4月10日、鮎の稚魚5万匹を多摩川に放流した。同組合の増殖事業の一環。稚魚は解禁日となる6月には体長15cmほどに成長するという。

 この日は相模水産で養殖した鮎を宇奈根(2万5000匹)、中野島(12500匹)、登戸(12500匹)の3カ所に放流。宇奈根地点では、高津地区組合員らが、天候、水温、稚魚の体長、重さを確認。稚魚の放流を見守った。高津地区長の竹仲密昭さんは「今年は多摩川の水が例年に比べて少ない。上手く育ってくれれば」と話した。

中原区版のローカルニュース最新6

立候補予定者 政策訴え

川崎市長選

立候補予定者 政策訴え 政治

【Web限定記事】川崎JC 公開討論会

10月15日号

今季も「攻めて勝つ」

今季も「攻めて勝つ」 スポーツ

山内主将が意気込み

10月15日号

「ウルトラマン」上映

市民ミュージアム

「ウルトラマン」上映 文化

30日、等々力緑地で

10月15日号

草刈り・花壇の手入れを

草刈り・花壇の手入れを 社会

市民健康の森で

10月15日号

男女混合チアが始動

男女混合チアが始動 スポーツ

「SPARKLES」

10月15日号

高齢者の就労を支援

高齢者の就労を支援 社会

川崎市シルバー人材センター

10月15日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 10月8日0:00更新

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年10月15日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook