中原区版 掲載号:2015年5月29日号 エリアトップへ

前川崎市長 阿部氏「マイナンバー」語る 来年1月から制度運用

社会

掲載号:2015年5月29日号

  • LINE
  • hatena
制度の内容について語る阿部氏
制度の内容について語る阿部氏

 国民一人ひとりに「個人番号=マイナンバー」を割り振り、社会保障や税金の行政手続きなどに活用する「マイナンバー制度(社会保障・税番号制度)」。前川崎市長で現在内閣府の特定個人情報保護委員会の委員を務める阿部孝夫氏が5月13日、川崎フロンティアビルで、川崎商工会議所主催のセミナー講師として登壇し、制度のあらましや注意点などを語った。

 マイナンバー制度は、今年10月に住民票を持つ一人ひとりに12けたの番号が通知され、来年1月から運用される。

 社会保障や税金などの手続きに使われるため、個人はもちろん、ほとんどの事業者が取扱いに関わることから、商工会議所がセミナーを企画。同制度の運用に伴い設置された内閣府の特定個人情報保護委員会委員で前川崎市長の阿部孝夫氏が講師を務めた。阿部氏は制度の流れから個人情報の適正な取り扱いに関する事柄、注意点などを独自で用意した資料などを用いて約2時間にわたり解説した。

 阿部氏によると、同制度の目的は3点。「行政運営の効率化」「公正な給付(年金、児童手当、失業手当など)と負担(税金)の確保」「手続きの簡素化による負担の軽減といった国民の利便性の確保」という。

 個人情報の漏えい、プライバシーの侵害など制度への懸念に対しては「情報の管理や偽造対策はしっかりされている」とした上で「悪用されないように本人確認が大事。個人番号のついている情報の管理を厳重に行うことが大切だ。それ以外は運転免許証やパスポートと同じ感覚の扱いで大丈夫」などと話した。

 阿部氏は、特定個人情報保護委員会の仕事について「市長を辞めても忙しい。考えれば考えるほど大変で責任が重い」と語った。

 また本紙の取材に「マイナンバーは自治体の創意工夫で様々な利活用ができる。川崎市には制度のスタート時から使いやすい体制を整えてほしい」と述べた。

中原区版のトップニュース最新6

シニアへ一部無料開放

生涯学習プラザ

シニアへ一部無料開放 社会

「いこいの家」機能を実行

10月16日号

「丸子の渡し」動画で周知

復活協議会

「丸子の渡し」動画で周知 文化

祭り中止も、継承絶やさず

10月16日号

中学総体で初試合

等々力球場

中学総体で初試合 スポーツ

西中原など4強が熱戦

10月9日号

「医療に寄付」3千万円超

ふるさと納税

「医療に寄付」3千万円超 社会

市、税収流出に歯止め

10月9日号

「市民の手」2割未満

川崎市植樹運動

「市民の手」2割未満 社会

公共施設・事業所が大半

10月2日号

10年目はオンライン

コスギフェスタ

10年目はオンライン コミュニティ社会

「小杉を故郷に」思いつなぐ

10月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク