中原区版 掲載号:2015年6月19日号 エリアトップへ

川崎市議会 特別秘書設置の是非問う 6月定例会スタート

政治

掲載号:2015年6月19日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市議会の6月定例会が15日に開会した。上程された議案は条例、補正予算など33件。福田紀彦市長が昨年9月に提出しようとし、取り下げた市長の特別秘書の設置に関する議案も含まれており、議会の判断に注目が集まる。

◇   ◇   ◇

 福田市長は8日、6月定例会に提出する議案を発表。特別秘書を設置する議案も含まれていた。特別秘書は、公務員の秘書とは異なり、政治的な要素など公務員法の制限を受けずに職務ができる。東京都や横浜市などで設置されている。

 川崎市の特別秘書設置に関する条例案は、定数2人以内、任期は1年で再任が可能。給料は月給、地域手当、期末手当などを含めると上限は年間1000万円を超す。退職金は任期ごとに支払われる。一般会計の補正予算案には特別秘書の給与も追加された。任命には議会の同意が不要で市長が指名する。

 8日の記者会見で福田市長は「施策の実現や市政の円滑な運営のためには様々な機会やネットワークを効果的に活用することが重要。私の活動を補佐するスタッフ職の設置が不可欠」と必要性を説明した。

議会の反応

 一方、議員からは「市長が求める人材は副市長では務まらないのか」「財政が厳しいなかで給料があまりにも高額」「人選は市長に白紙委任することになる」といった反対の声もあがっており、市長が提出した原案通りで可決するのは厳しい情勢といえそうだ。

 特別秘書の設置に関する議案は、総務常任委員会に付託され審議される見通し。常任委員会は6月26日、29日に開かれる。7月2日の本会議で委員長報告され、採決される。また、代表質問は6月24日(自民、公明)、25日(民主みらい、共産)に行われる。一般質問は7月3日、6日〜8日。

中原区版のトップニュース最新6

対等な学び重ね 100回

こすぎの大学

対等な学び重ね 100回 社会

地域の仲間づくりを促進

4月16日号

開かずの踏切、改善へ一歩

平間駅

開かずの踏切、改善へ一歩 社会

JR 新たな制御装置導入

4月16日号

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter