中原区版 掲載号:2015年11月13日号 エリアトップへ

14年度調査 いじめ認知件数 大幅増 小学校は3年間で4・7倍

社会

掲載号:2015年11月13日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は先月27日、2014年度の「いじめ」に関する調査結果を発表した。市内の小学校の認知件数は619件。3年連続で増加し、11年度の4・7倍になる。実態の把握には課題があるが、市は取り組みによって認知されるケースが増えたと肯定的に捉えている。

 「いじめ」の調査は児童生徒の問題行動などを把握するため、文部科学省が全国で行ったもの。この結果、全国でも小学校のいじめの認知件数は前年3・3%増と大幅に増加し、過去最多の12万2721件だった。

 文科省は「いじめ」の行為を定義づけているものの、認識や捉え方は各学校などで異なる面がある。それぞれの取り組みによって認知が増える傾向にあるため、認知件数の推移が実態を示しているとは限らない。 

コーデ配置後、急増

 川崎市の発表によると、14年度中に小学校で認知されたいじめは過去5年間で最多の619件。中学校は185件で前年よりも10・8%増加し、過去5年では3番目に多かった。

 いじめの認知件数は児童支援コーディネーターを配置した12年度に急増。小学校は11年度130件に対し12年度は353件と2・7倍になった。中学校も11年度の170件から大幅に増加し、12年度は238件だった。

市教委「認知件数が実態」

 市教委は調査結果で「各学校でいじめの早期発見・早期対応の取り組みがされているとともに、未然防止の取り組みやチーム支援体制が確立されていることが高い改善率につながっている」と示した。市の担当者は「実数はわからないが、認知件数をいじめの実態としてとらえている」と話す。

中原区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

避難所に担架・簡易ベッド

中原区予算案

避難所に担架・簡易ベッド 社会

資器材を整備、補充へ

2月21日号

文化財登録へ一歩前進

川崎球場遺構

文化財登録へ一歩前進 文化

市議会が趣旨採択

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風の教訓、400人共有

丸子6町会

台風の教訓、400人共有 社会

防災訓練で対策協議

2月14日号

「開かずの踏切」 8分短縮へ

平間駅

「開かずの踏切」 8分短縮へ 社会

JR、来年度末に新システム

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク