中原区版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

紅白歌合戦にも出場した民謡歌手で、11月23日に市内のライブに出演する 伊藤 多喜雄さん 高津区在住 65歳

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena

「民謡の可能性追求したい」

 ○…「時代が変わっても消滅してしまわないよう、音楽として『民謡』を残していきたい。日本の暮らしの中に民謡という歌があるということを、若者や子どもたちにも伝えたい」。1989年に『ソーラン節』でNHK紅白歌合戦初出場。2003年には『TAKiOのソーラン節』で2度目の出場を果たし、その名と美声を全国に轟かせた。11月23日(祝)には市内のクラブチッタで、和太鼓グループ「梵天」とコラボセッションし、大迫力のライブに出演する。

 ○…北海道苫小牧の出身。「幼い頃から民謡が身近にあり、自然と歌うようになった」。12歳で民謡の北海道大会に出場して優勝の栄冠を手にした。上京すると製紙工場や板金業などの仕事の傍ら、ライブハウスなどで歌を披露し、歌手としての経験を積んだ。18歳で高津区久地に移り住み、以来川崎市内で暮らしを営んでいる。現在は溝口に事務所を構え、国内各地にとどまらず、海外にも精力的に進出。日本の民謡の魅力を伝え、多くのファンの心を掴んでいる。

 ○…従来の民謡のスタイルにとらわれず、ベースやドラムなどの楽器を入れた独自の表現の道を切り拓いてきた。「歌は自分を一番表現できるもの」と語る。「歌に対して貪欲な気持ちを持ち、これからも民謡の新しい可能性を探っていきたい」。胸の奥に情熱の火を絶やさない。休日がほとんどなく、子ども2人と孫2人には多忙であまり会いに行けない。「だからコンサートに来てもらい、たまに会えるのが楽しみだよ」と笑顔で話す。

 ○…ずっと一緒に過ごしてきた愛妻を「同志みたいな存在」と話し、いつも支えてくれることへの感謝の気持ちを胸に宿す。今後も「パワーダウンしないよう体を労りながら活動を続けていきたい。現役のプレーヤーでいるからこそできる表現があるからね」。歌声に魂を込め、これからも独自の表現を追求していく。

中原区版の人物風土記最新6

中山 紳一さん

40の市民スポーツ団体などが加盟する(公財)川崎市スポーツ協会の会長に就任した

中山 紳一さん

北谷町在住 58歳

8月16日号

伊坂 重憲さん

神奈川福祉事業協会の会長を務める

伊坂 重憲さん

横浜市在勤 69歳

8月9日号

竹内 孝仁さん

理論に基づく認知症ケアを広める活動を行い、今月「エポックなかはら」で講演する

竹内 孝仁さん

都内在住 78歳

8月2日号

渡邉 直美さん

6月に(公財)川崎市生涯学習財団の理事長に就任した

渡邉 直美さん

今井南町在勤 63歳

7月26日号

伊藤 浩一さん

中原区剣道連盟の会長に就任した

伊藤 浩一さん

井田中ノ町在住 59歳

7月19日号

朝山 あつこさん

認定NPO法人キーパーソン21の代表理事を務める

朝山 あつこさん

上小田中在住

7月12日号

野村 龍太さん

キングスカイフロントネットワーク協議会会長を務める

野村 龍太さん

目黒区在住 65歳

7月5日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク