中原区版 掲載号:2015年11月20日号 エリアトップへ

総務委市民委 川崎市議会初の連合審査 新総合計画、行財政改革など

政治

掲載号:2015年11月20日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市議会の総務委員会と市民委員会の連合審査会が13日に開かれた。審査内容は現在策定作業中の新たな総合計画に関するものなど4点。議会事務局によると、2つ以上の委員会が合同審査することは市議会初のことだという。

 川崎市議会初の連合審査が開かれた。中身は「新たな総合計画第1期実施計画素案」「今後の財政運営の基本的な考え方」「行財政改革に関する計画素案」「区役所改革の基本方針素案」の4点について。

 本来なら「区役所改革〜」は市民委員会、その他の3点は総務委員会で審査する内容だが、それぞれ全市にかかわる案件のため総務委員会(吉沢章子委員長)が市民委員会(橋本勝委員長)に申し入れ、議長、議会運営委員会の承認を経て実現となった。

 川崎市は現在、新しい総合計画の策定作業を進めており、7月に素案を発表している。川崎市によると総合計画は「川崎のめざす都市像やまちづくりの基本目標を定める市政運営の礎」。総務委の吉沢委員長は「総合計画について12月の議会だけで議論するのは難しいだろうと判断し、今回の連合審査会を開いた」と話す。

 また、10月の総務委員会では「中学校給食」に関する審議が紛糾し異例の4日間にわたる審議が行われている。市本庁舎建て替えなど大規模事業を控える市の将来の財政収支の見通しを示していなかったことに起因しており、今回の連合審査会で「『必要な施策・事業の着実な推進』と『持続可能な行財政基盤』の両立」に向けての財政運営の基本的な考え方が示された。

 「新たな総合計画〜」に関する審査では「人口減、高齢化をベースに考えるべき」「財政負担の見通しがない」「自分の得意分野しか盛り込んでおらず、現状の課題に取り組んでいない」等厳しい意見が相次いだ。

 吉沢委員長は「より多くの議員が議論に参加でき、意義のある方法だった。議会改革の必要性や特別委員会の開催などを見据え、一つの布石となったのではないか」と振り返った。

中原区版のトップニュース最新6

千人減 早期入居に成果

特養申請者

千人減 早期入居に成果 社会

市、窓口一本化で「見える化」

8月16日号

免許返納、前年同期比1.5倍

中原区内

免許返納、前年同期比1.5倍 社会

全国での事故受け

8月16日号

「未来都市」に川崎市

国連SDGs

「未来都市」に川崎市 社会

環境施策、将来性など評価

8月9日号

転落防止に「音と光」

JR横須賀線武蔵小杉駅

転落防止に「音と光」 社会

センサー、11月設置へ

8月9日号

洪水対策、ドローン活用へ

川崎市

洪水対策、ドローン活用へ 社会

民間実験に河川提供

8月2日号

個人会員化で再始動

小杉駅周辺エリマネ

個人会員化で再始動 社会

「顔の見える関係づくり」継続

8月2日号

夏祭りで「ふるさとづくり」を

玉川地区

夏祭りで「ふるさとづくり」を 文化

赤字覚悟、子どもたちのために

7月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

  • 4月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2019年8月16日号

お問い合わせ

外部リンク