中原区版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

西丸子小 実りの秋に「感謝」 5年生が稲刈りと脱穀

教育

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena
慣れない鎌に悪戦苦闘
慣れない鎌に悪戦苦闘

 西丸子小学校(伊東芳男校長)の5年生が、このほど稲刈りと脱穀体験をした。田んぼは同校60周年記念事業の一環でつくられ、6月に田植えを行ってから稲刈りまで、地域の協力を得ながら見守ってきた。

 稲刈りは普段使う機会のない鎌の扱いに悪戦苦闘しながらも、刈りたての稲を手に満面の笑顔をみせた。脱穀体験では、初めて見る足踏み脱穀機に興味津々。稲を当てると「振動が伝わり引っ張られる感じ」「意外と力がいる」などの声があがった。脱穀後の稲は来年の肥料にするという。協力したJAセレサ川崎下小田中支部の小島正夫支部長は、「今は電動だが、昔はもっと時間をかけてお米を作っていた。大変さを体験することで一粒一粒の重みを感じ、食の大切さを実感してもらえれば」と話した。

 収穫されたお米は11月21日に行われた「ふれあいまつり」の餅つきの一部に使用された。児童たちは「杵を真っ直ぐ振り下ろすのは難しい」と話しながらも地域の人々の助けを得ながら尽力。田植えから関わったお餅の味は格別なのか笑顔が溢れた。

 伊東校長は「初めての収穫にも関わらず豊作。児童たちは体験を通じて稲作の大変さを実感し、食の大切さを心に刻むことができた。地域の皆様のご協力に心から感謝致します」と話した。
 

足踏み脱穀機を体験
足踏み脱穀機を体験
ふれあいまつりで餅つき
ふれあいまつりで餅つき

中原区版のローカルニュース最新6

解釈指針を発表

川崎市差別禁止条例

解釈指針を発表 社会

具体的行動などを例示

3月27日号

斜面点検「危険なし」

斜面点検「危険なし」 社会

市が1072カ所を調査

3月27日号

計画運休で保育所閉園へ

計画運休で保育所閉園へ 社会

川崎市が検討

3月27日号

南武線にトーマス合体

南武線にトーマス合体 社会

英国キャンプをPR

3月27日号

新型コロナで緊急要望書

新型コロナで緊急要望書 政治

公明党川崎市議団

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク