中原区版 掲載号:2015年11月27日号 エリアトップへ

(PR)

古傷などに「PRP療法」を 骨折には「超音波療法」も―『武蔵小杉整形外科』

掲載号:2015年11月27日号

  • LINE
  • hatena

 武蔵小杉駅北口前の『武蔵小杉整形外科』では、整形外科の一般診療に加え、再生医療として注目されるPRP(多血小板血漿)療法を行っている。PRPとは、自分の血液を遠心分離して得られた血小板を多く含んだ血漿のこと。大学病院等で多くの実績をもつ同院の小谷野院長は「血小板の中に組織再生を促す様々な増殖因子が含まれている為、修復反応が停止し慢性化した古傷にPRPを局所注射すれば、組織の修復・再生が期待できます。欧米に続き、日本でも美容や整形外科の分野でも効果が実証され普及し始めている治療法」と話す。ヤンキースの田中将大投手やタイガーウッズらもPRP療法で早期復帰したという。テニス肘(上腕骨外上顆炎)、ジャンパー膝(膝蓋腱炎)、足底腱膜炎等にも有効性があるという。なお、PRP療法は保険外診療で、治療費は1回約2〜4万円、通常2〜3回の投与が必要。

 また、同院では骨折に対する超音波治療も実施。低出力の超音波刺激を骨折部に断続的に与え、骨の再生を促進させるもの。ベッカム氏や松井秀喜氏もこれで治療期間を短縮させたという。小谷野院長は「受傷直後から骨折超音波治療を保険診療で行い、治療期間の短縮を図ります。なるべく毎日行うことが肝要」と話す。また、手術を要した四肢長管骨の骨折や受傷後3か月以上経っても骨癒合が得られない骨折には、装置をレンタルし自宅で毎日20分間の超音波治療を行う。

眼科・耳鼻科も併設

 なお、同院がある『武蔵小杉駅前メディカルプラザ』には眼科・耳鼻咽喉科も併設。駅・バスターミナル至近、屋内で雨風もしのげ、患者に優しい環境が整う。

武蔵小杉整形外科

中原区版のピックアップ(PR)最新6

川崎市 介護資格取得を支援

川崎市 介護資格取得を支援

無料で取得 説明会を実施

7月31日号

「ご近所付き合い」が有事の備えに

専門家が無料で経営相談

コロナを乗り切れ 川崎市

専門家が無料で経営相談

川崎市コンベンションホールで

7月17日号

大丈夫?老後の備えと相続対策

大丈夫?老後の備えと相続対策

8月4日、本紙おなじみの税理士がセミナー

7月10日号

今年も充実、250人にプレゼント

なかはらや倶楽部会員イベント・7月21日抽選会

今年も充実、250人にプレゼント

「中原屋葬祭センター」

7月10日号

始めよう、中学受験の準備

小学3年生対象

始めよう、中学受験の準備

 啓進塾が夏期講習

7月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月31日号

お問い合わせ

外部リンク