中原区版 掲載号:2015年12月18日号 エリアトップへ

市政報告N0.7 緑あふれるまちづくりに向けて 川崎市議会議員 松井たかし

掲載号:2015年12月18日号

  • LINE
  • hatena

 平成27年11月30日に中原区選出議員団の一員として、福田市長に対して平成28年度当初予算に対する要望(継続27項目、新規2項目)を行ってきました。

川崎市がすすめる都市緑化

 川崎市では、市全体を「花と緑のうるおいあるまち」にしていくため、民有地緑化、都市緑化を積極的に進めるために、市民・事業者の方々から広く募金(寄付金)を募り、基金として積み立て、川崎市の緑化に係るさまざまな施策に活用することを目的とした「川崎市緑化基金」や、市制100周年を迎える平成36年度までに、100万本の植樹を目指す「市民100万本植樹運動」、市街地の貴重な緑となっている事業所のみどりを守り、育てていくため協定を締結し、協働で緑化の推進に取り組んでいただく「みどりの事業所推進事業」など、さまざまな事業により都市緑化を推進しています。

桃並木の再生・保存と歴史の継承を

 そこで、平成28年度予算に対する新規要望事項の1つとして、緑あふれるまちづくりに向け「二ヶ領用水の再生と保存への対応」について要望しました。

 具体的には、『二ヶ領用水沿いの桃並木は、桃の木の寿命や近年の気候変動等の理由により、最盛期から大幅に減り400本程度になっていること、また、平成27年3月に中原区の木として「モモ」が制定されたことに加え、桃並木の再生及び保存に向け、かつて中原区が桃の里であったという歴史を後世に伝え継承するため、二ヶ領用水沿いの樹木の伐採、伐根、土壌養成、河川護岸改修工事、植樹帯の設置など、桃並木の維持管理を充実し、あわせて、公共施設企業および市民に積極的に桃の木の植樹を推進するよう』に要望しました。

 あわせて、公園緑地の整備、地球温暖化対策としての屋上緑化や壁面緑化の推進、街路樹や低木の維持管理の充実など、緑あふれるまちづくりをより一層推進するための要望もしました。

 私たちが暮らすこの中原区を、夢と希望にあふれる豊かなまちにしてゆくために、自然と人とが共生する緑豊かな環境を創造してゆくことにこれからも尽力します。

松井たかし 

川崎市中原区上小田中4-1-1

TEL:044-799-7915

http://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

市政報告

多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現多摩川に架ける新たな橋(仮称)等々力大橋の橋脚が出現

川崎市議会議員 松原しげふみ川崎市議会議員 松原しげふみ

6月24日号

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

市政レポートNo.142

4年で12件、園児置き去り対策徹底へ

みらい川崎市議会議員団 副団長 おしもとよしじ

6月24日号

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

意見広告

子育て世代の思いを共有『4つの緊急プラン』発表

日本共産党神奈川県副委員長 あさか由香

6月17日号

経済と外交に強い「あさお」が守る

意見広告

経済と外交に強い「あさお」が守る

岸田首相「ブレない信念の政治家」

6月17日号

未来を拓く、確かな力。

意見広告

未来を拓く、確かな力。

公明党外交部会長・青年局長 三浦のぶひろ

6月17日号

「緊急事態に関する国会審議を求める意見書」を国に提出。緊急時における憲法のあり方含め議論を!

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月24日0:00更新

  • 6月17日0:00更新

  • 6月10日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年6月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook