中原区版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

意見広告 安心して働き・暮らし・子育てしていける神奈川に 日本共産党神奈川県会議員 君嶋ちか子

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena

1 私たちの基準は

 4月に県議会に送り出していただき、早くも新しい年を迎えました。私たち共産党県会議員団の政策に対する判断基準は、「県民の皆さんの暮らしを支えるものか否か」次いで「自治体が税金を使って行うことがふさわしいか否か」等です。

黒岩県政は「世界にアピールする」「新しい産業の創出」等を、優先的に打ち出しています。多くの県民の暮らしは、後景に押しやられているかのようです。

2 代表質問では

 12月3日の代表質問では、県庁と県の関連組織の働き方を取り上げ、県内全体の働き方の改善を目指しました。また、中小企業を技術面で支えてきた産業技術センターの在り方にかかわり、県の産業政策にも言及しました。知事は「イノベーション」などを強調し、新しい産業の創出に偏重しがちですが、現に存在している地域の企業をしっかり支えることこそ県の役割であると訴えました。

 「県立高校改革」も取り上げました。現在、20〜30校の削減が計画されています。神奈川県は既に25校を削減しており、その結果、全日制高校進学率は、全国で46位です。全日制進学を諦めざるを得ない子どもが、1300人以上にのぼっています。この状態で、さらに削減することを誰が望んでいるのでしょうか。また「計画」では、「学力向上進学重点校」「ICT利活用研究推進校」等々、学校をタイプ別に特定しています。これも大きな問題です。中学の段階で適性と将来を見通せるでしょうか。望まれているのは、希望者の入学を保障する教育環境の拡充であり、耐震化・老朽化対策等の環境整備です。当事者を苦しめる「高校改革」の撤回を求めました。

3 県民の暮らし優先で

 今年も引き続き、県民の暮らしに直接届く施策を求め、県財政を県民の暮らし優先に使う県政を目指したいと思います。世界から注目されることより、安心して働き・暮らし・子育てしていける神奈川こそめざしたいものです。

君嶋ちか子

中原区下沼部1918-6

TEL:044-544-7151

http://kimishima.jcpweb.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

井田病院の光熱費未請求問題問われる議会の良心と存在意義

市政レポートNo.128

井田病院の光熱費未請求問題問われる議会の良心と存在意義

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

11月27日号

市民館・図書館の現状と今後求められる役割について

市政報告

市民館・図書館の現状と今後求められる役割について

川崎市議会議員 松原しげふみ

11月27日号

来年度予算が分かれ道

市政報告Vol.8

来年度予算が分かれ道

川崎市議会議員 重冨たつや

11月20日号

66年経て労災病院前踏切解消等、工事着工へ。住民意見を大切に。

市政報告vol.65

66年経て労災病院前踏切解消等、工事着工へ。住民意見を大切に。

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

11月13日号

本日開通〜進化を続ける駅周辺〜

市政レポート No.98

本日開通〜進化を続ける駅周辺〜

健康福祉委員会委員長 原 典之

11月6日号

丸子多摩川花火の試し打ち〜53年ぶりの打上にいたるまで

市政報告 Vol.12

丸子多摩川花火の試し打ち〜53年ぶりの打上にいたるまで

川崎市議会議員 松川正二郎

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月27日号

お問い合わせ

外部リンク