中原区版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

意見広告 事業専従者に正当な報酬を!「真に女性が輝く社会」とは 日本共産党川崎市議会議員 市古 てるみ

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 昨年末、業者女性から出された「所得税法第56条廃止の意見書を国にあげることを求める請書」の審査が行われました。自営商工業者の多くが家族労働によって支えられていますが、事業専従者控除は、時給に換算すれば配偶者は344円、その他の家族は200円しか認められていません。

 家族従事者の多くは女性です。その働き分が給与として、認められないことは女性に対する差別という以外ありません。どこで働こうが労働という点は同じであり、無償労働を女性に押し付けることはまさに時代に逆行しています。

 申告の仕方が青色か白色申告かという問題ではありません。いま、すべての事業者に記帳が義務付けられています。国の課税当局も「正確な申告の徹底が必要という立場から、青だ白だなどと申告で格差をつける理由はなくなっている」と言っています。私たちは国に意見書を提出すべきと主張しましたが、他の会派は否定しました。

 「女性が輝く社会」というのなら、それを阻害しているこのような問題も解決していくべきではないでしょうか。女性が輝く社会を本当に実現する立場なのか真価が問われます。

市古てるみ

市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.ichiko-terumi.jp

中原区版の意見広告・議会報告最新6

井田病院を「災害拠点病院」指定に

市政レポート No.99

井田病院を「災害拠点病院」指定に

健康福祉委員会委員長 原 典之

12月4日号

井田病院の光熱費未請求問題問われる議会の良心と存在意義

市政レポートNo.128

井田病院の光熱費未請求問題問われる議会の良心と存在意義

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

11月27日号

市民館・図書館の現状と今後求められる役割について

市政報告

市民館・図書館の現状と今後求められる役割について

川崎市議会議員 松原しげふみ

11月27日号

来年度予算が分かれ道

市政報告Vol.8

来年度予算が分かれ道

川崎市議会議員 重冨たつや

11月20日号

66年経て労災病院前踏切解消等、工事着工へ。住民意見を大切に。

市政報告vol.65

66年経て労災病院前踏切解消等、工事着工へ。住民意見を大切に。

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

11月13日号

丸子多摩川花火の試し打ち〜53年ぶりの打上にいたるまで

市政報告 Vol.12

丸子多摩川花火の試し打ち〜53年ぶりの打上にいたるまで

川崎市議会議員 松川正二郎

11月6日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年12月4日号

お問い合わせ

外部リンク