中原区版 掲載号:2016年1月1日号 エリアトップへ

意見広告 小杉こども文化センターの代替え地確保で子どもたちの居場所づくりを 日本共産党川崎市議会議員 おおば裕子

掲載号:2016年1月1日号

  • LINE
  • hatena

 小杉こども文化センターは、小杉町3丁目東地区の再開発事業によって取り壊されます。2016年4月にセンターを閉鎖する準備に入り、工事予定期間の4年間、子どもたちの居場所となる代替え地を確保することが求められています。

 利用する保護者たちからは、「子どもたちがほっとできるスペースを」と、解体する話が出ていた当初から強い要望があがり、2015年の3月議会で、その工事期間利用できる代替え地の確保をするよう求めてきました。

 しかし、12月議会で再びとりあげたところ、代替え地の確保を決めることなく、新しいセンターが完成するまでは、近隣の新丸子こども文化センターや周辺施設を利用するというのです。利用団体は50もあり、年間4万人に近い利用者がいます。混乱は目に見えているのではないでしょうか。

 4年という歳月は、子どもたちの成長にとって大事な時間です。子どもの居場所やコミュニティづくりの重要性など、議会や地域などでも再三議論がされていることからみても、民有地の借り上げを含め、ありとあらゆる努力をして、代替え地を確保し整備することが必要です。

大庭裕子

市役所第2庁舎7階

TEL:044-200-3360

http://www.ooba-yuko.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

来年度予算が分かれ道

市政報告Vol.8

来年度予算が分かれ道

川崎市議会議員 重冨たつや

11月20日号

66年経て労災病院前踏切解消等、工事着工へ。住民意見を大切に。

市政報告vol.65

66年経て労災病院前踏切解消等、工事着工へ。住民意見を大切に。

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

11月13日号

本日開通〜進化を続ける駅周辺〜

市政レポート No.98

本日開通〜進化を続ける駅周辺〜

健康福祉委員会委員長 原 典之

11月6日号

丸子多摩川花火の試し打ち〜53年ぶりの打上にいたるまで

市政報告 Vol.12

丸子多摩川花火の試し打ち〜53年ぶりの打上にいたるまで

川崎市議会議員 松川正二郎

11月6日号

30人学級の推進及び小学校教科担任制の導入

市政報告

30人学級の推進及び小学校教科担任制の導入

川崎市議会議員 松原しげふみ

10月30日号

高齢者インフル接種の無料化が実現へ

市政レポートNo.127

高齢者インフル接種の無料化が実現へ

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

10月30日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年11月20日号

お問い合わせ

外部リンク