中原区版 掲載号:2016年2月5日号 エリアトップへ

川崎市 小杉駅発着のバスを増便 井田病院のアクセス向上へ

社会

掲載号:2016年2月5日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は、4月1日から小杉駅発着の便を中心に市バスを増便する。主に増えるのは井田病院、高津区蟹ヶ谷方面を往来する系統。小杉駅―井田病院間で平日に35便が増える。

 今回の市バスの増便は武蔵小杉駅と井田病院のアクセスの向上をめざすもの。

 増便するのは計8系統で、小杉駅東口―井田病院間(往復)、小杉駅東口―横須賀線小杉駅間(同)、小杉駅東口―井田営業所間(同)、井田病院―井田営業所間(同)。さらに、蟹ヶ谷―井田営業所間(同)の2系統が新設される。

 現在、小杉駅東口から井田病院へ向かう市バスは、平日が7便、土曜が6便、休日が6便。増便されると、平日が24便、土曜が21便、休日が12便増えることになる。

 増便の背景には、井田病院の建て替えがある。昨年の建て替えにより、病院機能が強化されたことから、アクセス向上のためにバスの増便が決まったという。

 一方で、小杉駅前バス停(北口)発着の井田病院行きの系統は廃止となるため、JR南武線の武蔵小杉駅から井田病院行きのバスは東口のバス停に一本化される。

 増便に伴うコストに関して、新たな車両の購入は予定しておらず、現状の経営資源を生かすという。また、燃料、人件費などの営業費用に関しても、現行ベースとしており、他の区域でのダイヤ改正や運行本数の削減などで調整するとしている。

 詳細は現在調整中で、ダイヤを含めた具体的な決定は3月上旬になる見通し。

 市の交通局の担当は「市民の皆様の利便性の向上を図りつつ、収益を確保して、継続したサービスを提供していきたい」と話している。

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

待機児童 2年連続ゼロ

川崎市

待機児童 2年連続ゼロ 社会

保留は1,552人に減少

5月20日号

児童合唱団「魅力を次代へ」

児童合唱団「魅力を次代へ」 教育

市連盟が支援、区内拠点に

5月20日号

18年ぶり減少

中原区子ども人口

18年ぶり減少 社会

市内最多の3万3751人

5月13日号

落書き防止へ壁面装飾

南武沿線道路高架下

落書き防止へ壁面装飾 社会

フロンターレが区に協力

5月13日号

「緑化計画」19年ぶり改定

小杉地区

「緑化計画」19年ぶり改定 社会

市、市民や企業とも連携

5月6日号

イベント参加で記念品

中原区50周年

イベント参加で記念品 社会

魅力再発見へ通年企画

5月6日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook