中原区版 掲載号:2016年2月5日号 エリアトップへ

年2回、区内下小田中の安楽寺で地獄絵の絵解き口上を行っている大道芸人の 麻布 十兵衛 さん(本名 栢木興太郎) 東京都在住 70歳

掲載号:2016年2月5日号

  • LINE
  • hatena

「勧善懲悪」の文化を後世に

 ○…死後の世界を描いた地獄絵を解説する絵解き口上を下小田中の安楽寺で行い7年目を迎えた。「安楽寺は昔、寺小屋としての役割があり多くの子どもたちがこの絵を見て勧善懲悪などを学んでいた。絵を展示するだけではなく、どのような意味や歴史があるのか多くの人に知ってもらいたい」と笑顔を見せる。笑いを交えた解説は年配者から子どもまで幅広い層に人気。「『嘘をつくと閻魔大王に舌を抜かれる』など日本人の心の中には地獄がある。大切なことは悪行をやめ、善行を積むこと」

 ○…「女房に『退職してなにするの?』といわれたこと」がきっかけで定年後に日本の伝統芸能である大道芸を始めた。それまでは海外出張も多く、「趣味=仕事」というほどの仕事人間だったが、以前に見た大道芸のことを思い出して研究会に入門したという。「一芸10年」といわれる厳しい世界であるものの持ち前のコミュニケーション力や行動力によって才能が花開いた。現在はガマの油売りやバナナの叩き売りなど10以上の演目をマスター。大道芸研究会の6代目会長も務め海外などでも芸を披露している。

 ○…「麻布十兵衛」という芸名は麻布十番で生まれたことが由来。現在もその地に住み郷土愛を大切にしている。しかし、「母に聞くところ私が生まれた昭和21年頃は東京大空襲で、母が実家の安楽寺に避難していた際に私が誕生したらしいです」。第二の故郷川崎への思いも強く、東海道川崎宿まつりや川崎文化祭などへの参加も積極的だ。

 ○…夫人とネコと暮らす。息抜きには健康づくりのために続けているエアロビクスを楽しむ。また落語や漫才はビデオに撮りためてみるほど好きだというが、それが芸の教材になっている。「お客さんを惹きつける話し方や間の取り方がとても勉強になる」という。今後の夢は「喜寿を節目にリサイタルをやります」と舌は滑らかだ。
 

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

吉田 明宏さん

(株)川崎フロンターレの代表取締役社長に、4月8日付で就任した

吉田 明宏さん

高津区在勤 58歳

5月20日号

宮田 明さん

朝昼晩、毎日開店している子ども食堂「じぃーじぃーず」を運営する

宮田 明さん

市ノ坪在住 60歳

5月13日号

大友 正人さん

4月1日付で中原消防署長に就任した

大友 正人さん

新丸子東在勤 54歳

5月6日号

大坪 剛志さん

中原警察署長に3月22日付けで就任した

大坪 剛志さん

中原区在住 59歳

4月22日号

板橋 茂夫さん

中原区長に4月1日付けで就任した

板橋 茂夫さん

多摩区在住 57歳

4月15日号

松本 利夫さん

ダンス&ボーカルグループ「EXILE」メンバーで川崎市市民文化大使を務める

松本 利夫さん

川崎市出身 46歳

4月8日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook