中原区版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

2月23日 「工場夜景の日」に制定 川崎での初開催にちなみ

社会

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena
観光名物に定着しつつある川崎の工場夜景
観光名物に定着しつつある川崎の工場夜景

 川崎市で初めてサミットが開かれた日にちなんで2月23日を「工場夜景の日」に――。川崎市など工業地帯を擁する全国7都市がこのほど、こんな記念日を(一社)日本記念日協会に申請し、認定された。観光資源として工場夜景の認知度がアップし、地域活性化につながると関係者が期待を寄せている。

 「美しさを観賞し、工場から出る音を聞き、独特の空気を感じる。五感で楽しむ新しい観光の形だ」と話すのは、川崎市の工場夜景ブームの火付け役でサミットの仕掛け人でもある川崎市観光協会観光推進部長の亀山安之さん。

 「全国工場夜景サミット」は11年に川崎市、室蘭市(北海道)、北九州市(福岡県)、四日市市(三重県)の4都市が連携して発足した。現在は周南市(山口県)、尼崎市(兵庫県)、富士市(静岡県)が加わり7都市で構成され、毎年1回行われている。

 先月22日に開かれた第6回サミットで「年1回のサミット以外にも工場夜景にまつわる日を」と尼崎市が提唱し、全会一致で採択された。第1回サミットが11年2月23日に川崎市で開催されたことから、この日が選ばれた。

 川崎の工場夜景の人気は、旅行会社がツアーやクルーズを企画するとすぐに完売するケースがあるほど。被写体としての人気も高く、「工場夜景・美の祭典―フォトコンテスト2015―」には1197点の応募があった。工場が夜空に浮かぶ姿に魅せられた人が各地で撮影会を行うことも数多い。

 亀山さんは「工場夜景を楽しんでくれるお客さんがいるからこそ、ここまでのマーケットに成長した。記念日として定められたことでより身近に感じてもらえるようになるのでは」と話している。今後、全国10都市に拡大したい考えで、スタンプラリーなど都市間で行き来する仕掛けを検討したいという。

 市観光協会では3月16日に開催するイベントで、市民や工場夜景ファンに「工場夜景の日」を発表する。

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

18年ぶり減少

中原区子ども人口

18年ぶり減少 社会

市内最多の3万3751人

5月13日号

落書き防止へ壁面装飾

南武沿線道路高架下

落書き防止へ壁面装飾 社会

フロンターレが区に協力

5月13日号

「緑化計画」19年ぶり改定

小杉地区

「緑化計画」19年ぶり改定 社会

市、市民や企業とも連携

5月6日号

イベント参加で記念品

中原区50周年

イベント参加で記念品 社会

魅力再発見へ通年企画

5月6日号

華道展 18年ぶり市内で

華道展 18年ぶり市内で 文化

県内23団体267点並ぶ

4月29日号

「校庭開放」モデル校設置へ

「校庭開放」モデル校設置へ 教育

市立小、全校実施めざし

4月29日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook