中原区版 掲載号:2016年2月12日号 エリアトップへ

(PR)

2月26日(金) 一戸歯科医院で特別企画 参加者募集 「入れ歯」無料相談会 (株)近藤義歯研究所の歯科技工士が来院

掲載号:2016年2月12日号

  • LINE
  • hatena
一戸院長(右)と技工士(左)の2人が丁寧にカウンセリング
一戸院長(右)と技工士(左)の2人が丁寧にカウンセリング

 小杉陣屋町で90年、3世代に渡って地域の歯科医療に貢献している『一戸歯科医院(一戸(いちのへ)小織院長)』で第3回目となる入れ歯無料相談会が2月26日(金)に開催される。時間は午前9時から午後1時30分。事前予約制で先着8名。当日は入れ歯のノウハウを知り尽くした専門家が様々な疑問に答えてくれる。

入れ歯の症例は1万にもおよぶ

 同院は先代の代から「入れ歯」に一際強いこだわりを持つ。「先代は良い入れ歯を提供したいという思いで自らも入れ歯の作成を行っていました。私も含めるとこれまでに経験した症例は1万にも及びます」と院長。入れ歯の相談で多いのは「上手く食べ物を噛めない」「見た目に入れ歯とすぐ分かってしまい人前で笑えない」こと等だという。また、「長年悩んでいたが誰に相談したらいいのか分からなかった」という声も。

 このような相談にも女性院長は気さくにそして丁寧に答えており、「一人でも多くの患者さまの不安を取り除き、笑顔を支えていきたい。この無料相談会も気軽に相談して頂けるように実施しています」と院長。

「落ちない・浮かない・噛める」新しい入れ歯づくりを提案

 同院では入れ歯製作の国際資格を保持する近藤太氏が代表を務める(株)近藤義歯研究所(相模原市)との協力体制を整えている。従来の入れ歯と違い、精密な型取り、顎の位置決めを専門の技工士が同席して行い義歯を作製。噛み合わせ、歯並びを分析用写真で撮影し、微調整を経て、フルオーダーの入れ歯をつくることができるという。入れ歯の料金は上下の総義歯で71万円〜、リハビリを要するリハビリデンチャーは124万円〜。もちろん、部分入れ歯にも対応。味覚や装着感、耐久性、審美性などもアップするという。

いちのへ歯科医院

中原区小杉陣屋町1-13-1

TEL:044-299-6244

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

中原区版のピックアップ(PR)最新6

「黄金大仏」が開眼されました

川崎霊園を見守る大仏像が”お色直し”

「黄金大仏」が開眼されました

金箔5万枚の輝き 拝観無料

10月16日号

川崎市 介護資格取得を支援

川崎市 介護資格取得を支援

無料で取得 説明会を実施

10月16日号

「はたらいふ」で無理なく仕事

就労継続支援B型事業所

「はたらいふ」で無理なく仕事

自立の第一歩をサポート

10月9日号

今年の「七五三詣」事前予約制にて受付中

川崎の祈願所溝口神社

今年の「七五三詣」事前予約制にて受付中

社殿の換気など、随所に感染症拡大防止への配慮も

10月9日号

弁護士らによる無料相談会

10月18日(日)

弁護士らによる無料相談会

先着8組 川崎市国際交流センター

10月9日号

弁護士に無料で相談

弁護士に無料で相談

川崎支部HP開設記念

10月2日号

川崎市経済労働局商業振興課

テイクアウトやインターネット販売開始への補助金、申請は11月30日までです

https://www.city.kawasaki.jp/280/page/0000118174.html

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月16日号

お問い合わせ

外部リンク