中原区版 掲載号:2016年2月19日号 エリアトップへ

市16年度一般会計予算案 過去最大6390億円 対前年度で201億円増

政治

掲載号:2016年2月19日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は8日、2016年度の当初予算案を発表した。一般会計は過去最大の6390億円、特別会計と企業会計の総額は1兆3880億2599万円となった。

 歳入の根幹である市税は、納税者数の増加を背景に3015億円を見込み、初めて3千億円を超える。一方で建設事業などの財源を調達するための借金である市債は対前年度で76億円増の592億円となった。

 一般会計の歳出のおよそ5割が人件費や生活保護費、児童手当といった扶助費等の義務的経費で財政の硬直が続く。中でも扶助費は対前年度で98億円増の1680億円と当初予算の4分の1以上を占める。事業別でみると、子育て関連では、待機児童解消の継続に約464億円を計上。認可保育所の受け入れ枠の拡大を図る他、病児・病後児保育施設を増設する。さらに、慢性的に不足する保育士確保のため、300人分の家賃補助を新規事業として行う。また、小児医療費の助成対象を小学校3年生まで拡充させるための費用として約40億円、中学校完全給食の推進費用に約8億4千万円充てる。

 超高齢社会に対応する費用では約57億円を計上。各区で地域包括ケアシステムの強化を図る他、介護予防・日常生活支援総合事業を新たに実施する。特養ホームの整備にも取り組む。

 貧困対策では生活保護受給世帯の子ども学習対策支援対象を中学校3年生から中学校1、2年生までに拡充させることや生活保護受給者への就労準備支援に約2億5千万円を充てた他、簡易宿泊所に居住する生活保護受給者に賃貸住宅への転居支援等にも取り組む。

 治安維持では防犯カメラの設置支援や路上喫煙、客引き行為の防止の対策等に約7億4千万円を計上。また、2020年東京オリンピック・パラリンピックに向けた取り組みを強化する他、市役所本庁舎の建て替えや渋滞対策のための交差点改良費の拡充、臨海部を活性化させるためのPR推進予算も増額した。

中原区は11億円超

 中原区の予算案は、前年度比6460万円増(+6・2%)の11億1248万7千円が計上された。

 今年度新たに予算化されたのは「(仮称)中原区地域包括ケアシステム推進のためのワークショップの開催」で、システム構築に向けた土台づくりと普及啓発のために充てられる。また予算拡充されたのは、区政推進において基礎資料として活用するための「区民アンケートの実施」、児童から保護者までを対象とした「スタントマンによる自転車事故防止のための交通安全教室」、各地域の課題に応じた「災害時における避難所訓練の実施」など。昨年度完成した等々力陸上競技場メインスタンドの維持管理等も予算化された。

 なお、予算案は今開催中の市議会で審議される。

中原区版のトップニュース最新6

「1千万円超」請求漏れ

井田病院光熱水費

「1千万円超」請求漏れ 社会

市、経緯公表も疑義あらわ

10月23日号

市、6年ぶり「対象」か

地方交付税

市、6年ぶり「対象」か 政治

税収大幅減で来年度

10月23日号

シニアへ一部無料開放

生涯学習プラザ

シニアへ一部無料開放 社会

「いこいの家」機能を実行

10月16日号

「丸子の渡し」動画で周知

復活協議会

「丸子の渡し」動画で周知 文化

祭り中止も、継承絶やさず

10月16日号

中学総体で初試合

等々力球場

中学総体で初試合 スポーツ

西中原など4強が熱戦

10月9日号

「医療に寄付」3千万円超

ふるさと納税

「医療に寄付」3千万円超 社会

市、税収流出に歯止め

10月9日号

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク