中原区版 掲載号:2016年3月25日号 エリアトップへ

第39回湯の里ゆがわら東洋蘭展示大会・無銘品の部で全国日本春蘭連合会会長賞を受賞した 長谷川 裕晃さん 上小田中在住 60歳

掲載号:2016年3月25日号

  • LINE
  • hatena

わびさび感じる蘭に夢中

 ○…東洋蘭の美しさを競う大会で、出品したオレンジ色の東天紅が最高賞を受賞した。「今年は比較的自信があったんだけど、まさか最高の賞に選ばれるとは思わなかった。驚いたね」と話す。他にも出品した3品が入賞した。蘭栽培は趣味の一つで、自宅屋上にある4畳半の温室で約220鉢を育てている。栽培歴は30年を超す。定年後はより精力的に会にも出品し、今月は横須賀、上野で行われた会にも出品した。

 ○…20代でカトレアやシンビジュームなど洋ランの美しさに魅せられ、「栽培したいな」と思うように。洋ランの栽培にチャレンジして2年ほどで東洋蘭に出合った。東洋蘭は山野に自生するため、洋ランに比べ気温の変化に強く、「日本のわびさびに通じるものを感じた」とすぐに虜になった。本で育て方の基本を学び、45歳の時には神奈川愛蘭会に入会。「一気に友人が増えた。まさに蘭友だね」とにっこり笑う。友人と栽培の仕方や情報交換をするのが楽しみ。それからは、展示会にも出品するようになり、これまでに神奈川県知事賞や神奈川県議会議長賞なども受賞した。

 ○…3歳の時に中原区に移り住み、現在に至る。子どもの頃から生物が好きで、「(高津区の)千年の山にカブトムシやクワガタを捕りに行ったり、田んぼでザリガニを釣ったりしてよく遊んだよね」と懐かしむ。多趣味で昨年の定年後は、蘭のほかにも、テニスやアユ釣りなどをして楽しんでいる。夫人とはよく旅行に出かけるなど仲むつまじい様子だ。

 ○…蘭栽培は1年を通して計画を立てるが、思い通りに育たない事も多々ある。「花が咲かないこともあるし、花は咲いたけど出品できないのもある。これだけ育てて、気に入るのは5鉢くらい」と笑う。今の目標は秋の展示大会での入賞。「植物は育て始めたら、大変だけどやめられない。これからも、体が動く限り育て続けたいね」

中原区版の人物風土記最新6

小野寺 盛男さん

設立20年目を迎える花クラブの中心メンバーとして活躍する

小野寺 盛男さん

木月4丁目在住 81歳

10月23日号

竹井 斎(ひとし)さん

川崎市地球温暖化防止活動推進センターでセンター長として10年目を迎える

竹井 斎(ひとし)さん

井田杉山町在住 64歳

10月16日号

笹田 恵子さん

今月オンライン開催されるコスギフェスタでMCを10年間務める

笹田 恵子さん

中丸子在住 52歳

10月9日号

那須野 純花(あやか)さん

発足5周年を迎えたグリーンバード武蔵小杉チームのリーダーを務める

那須野 純花(あやか)さん

幸区在住 23歳

10月2日号

小野 聰(さとし)さん

「川崎ウオーキング協会」で多摩川沿いを1900Km歩いた記録を持つ

小野 聰(さとし)さん

下小田中在住 76歳

9月25日号

川島 哲男さん

川崎野球協会の6代目会長を務める

川島 哲男さん

川崎区在住 83歳

9月18日号

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク