中原区版 エリアトップへ

2016年3月の記事一覧

  • 空き家活用と 交通不便地域の解消を!

    市政報告

    空き家活用と 交通不便地域の解消を!

    川崎市議会議員 川島 まさひろ

    空き家の活用で地域コミュニティの活性化を! 人口増加が著しい中原区でも、地域によっては空き家が目立つようになりました。地域...(続きを読む)

    3月11日号

  • 風化させてはいけない震災の記憶〜災害ボランティア育成を〜

    市政報告

    風化させてはいけない震災の記憶〜災害ボランティア育成を〜

    川崎市議会議員 吉岡としすけ

     東日本大震災から5年が経過いたしました。現地の状況を伝える報道も少なくなってきています。しかし、未だ仮設住宅や避難生活を強いられておられる方々も多い現状からは...(続きを読む)

    3月11日号

  • 市の無線で緊急地震速報

    市の無線で緊急地震速報 社会

    4月1日から開始

     川崎市は4月1日から、同報系防災行政無線を使った緊急地震速報の自動放送を開始する。  今回の放送はJ―ALERT(ジェ...(続きを読む)

    3月11日号

  • きものを着て川崎を街歩き

    きものを着て川崎を街歩き 文化

    3月20日 参加者募集

     思い出の着物を着て川崎大師を訪ねてみませんか―。 着物姿で川崎の街を歩く企画『かわさき変身館』が3月20日(日)に行われる。時間は午前...(続きを読む)

    3月11日号

  • スマホで防災情報

    スマホで防災情報 社会

    4月スタート「かわさきアプリ」

     スマートフォンで防災情報をチェック――。 川崎市はスマホ向けアプリケーション「かわさきアプリ」の4月からの導入に向け、整備を進めている...(続きを読む)

    3月11日号

  • 津波で失った海岸林を再生

    津波で失った海岸林を再生 社会

    名取市と川崎市をつなぐ2人

     かわさき市民アカデミー学長で農学博士の太田猛彦氏は、宮城県名取市の海岸林を再生させようと活動している(公財)オイスカの顧問としても活躍している。...(続きを読む)

    3月11日号

  • 教訓を活かした防災計画・訓練を

    市政報告N0.11

    教訓を活かした防災計画・訓練を

    川崎市議会議員 松井たかし

     2011年3月11日、いつものように会社で仕事をしていました。これまでに経験した地震をはるかに超える長くて大きな揺れに、私は会社での防災訓練の通り机の下に身を...(続きを読む)

    3月11日号

  • 原発をなくし、再生可能エネルギーへ

    意見広告

    原発をなくし、再生可能エネルギーへ

    日本共産党川崎市会議員 おおば 裕子

     3・11から5年。福島原発事故は、原発が未完成な技術で想定できないトラブルや事故の危険があり、ひとたび事故が起きれば取り返しがつかない事態になる事が明確になり...(続きを読む)

    3月11日号

  • 市の耐震性不足建物は3万5千戸大規模災害に備えた耐震補助を

    意見広告

    市の耐震性不足建物は3万5千戸大規模災害に備えた耐震補助を

    日本共産党川崎市会議員 市古 てるみ

     首都圏では直下型地震を始め、大規模地震災害に備えることが緊急性を帯びています。川崎では住宅の耐震化について、木造戸建て住宅の耐震性不足建物は3万5千戸も残って...(続きを読む)

    3月11日号

  • 安心して暮らせる神奈川を

    意見広告

    安心して暮らせる神奈川を

    日本共産党神奈川県会議員 君嶋ちか子

    ◆神奈川にも原発同様の危険が◆ 福島では、事故から5年を経てなお事故の収束が出来ず、汚染物質が放出され続けています。除染で...(続きを読む)

    3月11日号

  • 春の匠お試し補聴器キャンペーン

    3月31日まで

    春の匠お試し補聴器キャンペーン

    ヒヤリングセンター神奈川武蔵小杉店

     「使えば使うほど、その良さを実感できる補聴器」。数ある優れものの補聴器を取り扱う「ヒヤリングセンター神奈川 武蔵小杉店」で今、注目を集めているのが「匠」補聴器...(続きを読む)

    3月11日号

  • 国際交流センターで訓練

    国際交流センターで訓練 社会

    前年比4倍増の火災に危機感

     川崎市国際交流センターで2月26日、春の火災予防運動(3月1日〜7日)に伴う消防訓練が行われた。施設の職員や同施設の利用者、中原消署員ら約100人が参加した=...(続きを読む)

    3月11日号

  • 「原発ゼロの未来」訴える

    「原発ゼロの未来」訴える 社会

    3月13日、中原平和公園で

     脱原発を訴えかける「原発ゼロへのカウントダウンinかわさき集会」が3月13日(日)、中原平和公園で行われる。11時開場で集会は13時開始。...(続きを読む)

    3月11日号

  • 普及に努める

    普及に努める スポーツ

    川崎ドッジボール連盟

     川崎ドッジボール連盟(加藤勉理事長)の新春の集いが2月27日、川崎区の食道園で行われ、関係者など約30人が出席した。 加藤理事長は「(...(続きを読む)

    3月11日号

  • ヒゲの隊長のリーダー論

    参加受付中

    ヒゲの隊長のリーダー論 社会

    3月18日、総合自治会館

     川崎青年会議所(JC)は「ヒゲの隊長のリーダー論〜経営者に求められる条件〜」と題した講演会を3月18日(金)午後6時から総合自治会館で開く。...(続きを読む)

    3月11日号

  • 消防団応援事業を導入

    神奈川県

    消防団応援事業を導入 社会

    先行の川崎市は入団促進に期待

     川崎市や横浜市2区が進めている消防団応援事業が神奈川県で今年4月頃から導入されることが分かった。消防団員が団員手帳などを提示すると地域の商店や商業施設などでサ...(続きを読む)

    3月11日号

  • 人口密度 政令市で2位

    川崎市

    人口密度 政令市で2位 社会

    国勢調査で初

     川崎市は先月26日、1平方キロメートルあたりの人口密度が1万316・8人となり、国勢調査で初めて1万人を超えたと発表した。総務省が公表した2015年国勢調査の...(続きを読む)

    3月11日号

  • 春日山 嵩昌さん

    川崎市唯一の相撲部屋・春日山部屋の第21代親方

    春日山 嵩昌さん

    本名:高浜竜郎さん 39歳

    親しみやすい相撲部屋に ○…昨年10月に池上新町へ部屋を移し、新たなスタートを切った。「すぐに地元の方々が飲み物やお菓子を...(続きを読む)

    3月11日号

  • いざというときの応急給水拠点

    いざというときの応急給水拠点 社会

    開設不要型の整備すすむ

     大地震などの災害で家庭の水道が出なくなった場合にそなえて、川崎市では市内139カ所(うち中原区は18カ所)に空気弁や貯水槽、貯留管を利用した応急給水拠点を設置...(続きを読む)

    3月11日号

  • 車椅子を寄贈

    車椅子を寄贈 社会

    川崎北法人会が高津区の特養に

     税に関する事業で地域貢献している公益社団法人川崎北法人会の女性部会(朝山昌子部会長)は3月4日、社会福祉法人高津百春会(関口弘理事長)が運営する特別養護老人ホ...(続きを読む)

    3月11日号

  • 川崎Fが2連覇

    少年サッカー

    川崎Fが2連覇 スポーツ

    中原ライオンズクラブ杯

     川崎中原ライオンズクラブ杯争奪選抜少年サッカー大会が3月5日、東住吉小学校で行われた。主催は中原区少年サッカー連盟(押本吉司会長)。...(続きを読む)

    3月11日号

  • 災害に強いまちづくりを進めます

    災害に強いまちづくりを進めます 社会

    中原区長 鈴木 賢二

     近年は地震、異常気象、テロなど多様な危機事象への迅速・適切な対応が求められています。 中原区役所では、自主防災組織や避難所運営会議など...(続きを読む)

    3月11日号

  • デザインの力で復興支援

    デザインの力で復興支援 社会

    上小田中在住の佐野正さん

     中原区上小田中に住む佐野正さんは、国内の産業デザインなどを手掛けるデザイナーが所属する(公社)日本インダストリアルデザイナー協会に所属する。5年前からは、同メ...(続きを読む)

    3月11日号

  • 「背水の陣予算」に監視の目を

    市政レポート

    「背水の陣予算」に監視の目を

    川崎市議会議員 まちづくり委員会副委員長 原 典之

     来年度(平成28年度)予算に対する本会議が2月15日から始まり、3月18日まで開催される予定です。それに先立ち、2月14日にTVK(テレビ神奈川)にて、各会派...(続きを読む)

    3月4日号

  • 歓送迎会・同窓会花束サービス新宴会場・レストランで春の集いを!

    桜会席・お花見弁当!謝恩会・祝賀会等 ホテル精養軒

    歓送迎会・同窓会花束サービス新宴会場・レストランで春の集いを!

     1月に新本館がオープンした『ホテル精養軒』では今、歓送迎会で盛り上がりをみせている。同窓会も、ビュッフェ・盛込+飲み放題で、予算5300円〜OKのパーティプラ...(続きを読む)

    3月4日号

  • 医大皮膚科学研究チームが臨床研究口もとのシワ(※1)対策

    Wのハリ成分で「ロングステイ効果」を実現 累計97万本突破!美容液「豊麗」

    医大皮膚科学研究チームが臨床研究口もとのシワ(※1)対策

     聖マリアンナ医大のベンチャー企業(株)ナノエッグの皮膚科学研究から生まれた口もと年齢美容液『豊麗(ほうれい)』。発売から累計97万本突破とその勢いはとまらない...(続きを読む)

    3月4日号

  • 多彩な皮膚疾患に応える「かかりつけ医」開院

    多彩な皮膚疾患に応える「かかりつけ医」開院

    医療連携もスムーズな『武蔵新城駅前皮膚科』

     武蔵新城駅前に先月、新規開院した「武蔵新城駅前皮膚科(神山泰介院長)」。院長は昭和大学出身で同校の皮膚科講師や病棟医長などを務め、アレルギーや免疫の研究に努め...(続きを読む)

    3月4日号

  • 丸子6町会で合同訓練

    丸子6町会で合同訓練 社会

    約200人の子どもも参加

     丸子地区の6町会では2月11日、合同の防災訓練を日枝神社境内で行った。これは東日本大震災などを教訓に、地域で助け合い生命を守ることなどが目的。...(続きを読む)

    3月4日号

  • 蟹ヶ谷に新規開院

    蟹ヶ谷に新規開院

    『かにがやファミリー歯科』

     蟹ヶ谷バス停前に3月1日、『かにがやファミリー歯科』が新規オープンした。オレンジを基調とした清潔感あるお洒落なデザインで、「女性や子どもでもリラックスできる空...(続きを読む)

    3月4日号

  • 多摩川での研究成果を発表

    多摩川での研究成果を発表 文化

    水辺の楽校シンポジウム

     多摩川での学習成果を発表し合う『多摩川水辺の楽校シンポジウム川崎』が、2月28日に川崎市総合福祉センター(エポックなかはら)で開催された。...(続きを読む)

    3月4日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月30日号

お問い合わせ

外部リンク