中原区版 掲載号:2016年4月8日号 エリアトップへ

このほど設立された川崎市障害者スポーツ協会の会長を務める 中込 義昌(よしまさ)さん 多摩区在住 75歳

掲載号:2016年4月8日号

  • LINE
  • hatena

欲張らず何事も誠実に

 〇…アンプティーサッカーやボウリングなど10種の競技組織をまとめる、川崎市障害者スポーツ協会を発足した。「障害者のスポーツ・レクリエーション等の活動を通じて心身の健康増進、社会参加への推進を図りたい」と目標を語る。また、2020年の東京五輪に向け川崎市が進める『かわさきパラムーブメント』も推進。「選手育成や環境整備などまだまだスタート地点に立ったばかりですが、川崎から選手を輩出できたら」と未来を見据える。

 〇…06年から川崎市身体障害者協会の会長を務める。「平等な社会の実現のために障害者の自立と福祉の向上が大切」と話す。13年には公益財団法人とし、組織拡充を図っている。また、人工膀胱の人達が安心して暮らせる社会づくりをめざす市オストミー協会の会長も歴任。「社会復帰した経験者が指導や助言をし、助けになるオストミービジターの取組に力を入れたい」と思いを語る。

 〇…千葉で生まれ、樺太、山梨、江別など引越しの多い幼少時代を過ごした。神奈川大学時代には機械設計や品質管理を学び、卒業後には工業系の企業に就職。「昔からものづくりが得意」と笑う。27歳の時に潰瘍性大腸炎になり、手術を行い障害をわずらった。「当時は医療も進んでおらず、頑丈なビニールを使って自分で装具をつくった。ものづくりが得意で良かった。でも今は色々あるからね」と医療の進歩に驚いている。

 〇…多摩区菅馬場で暮らし30年余り。梨畑や多摩川など緑豊かな場所は「私には過ごしやすい環境。同じ川崎でも協会がある川崎駅とは景色が全く違う」と自宅と協会間の風景を楽しんでいるようだ。夫婦仲睦まじく、「自転車で一緒に買い物に出かけるのが楽しみ。向こうは電動自転車だから山坂は追いかけるのが大変なんだけどね」と優しい表情をみせる。節約・節水・節電にはまり、「欲張らず何事も誠実が大切」と真面目な姿勢に信頼が集まる。

中原区版の人物風土記最新6

重田 洋一さん

被災地支援を行った川崎建設業協会副会長で、(株)重田組の代表取締役

重田 洋一さん

上丸子山王町在住 50歳

11月8日号

小林 美由起さん

性同一性障害の実子のドキュメンタリー映画作品の広報を担当する

小林 美由起さん

中原区出身 58歳

11月1日号

関 伊都子さん

保護者会「りあん」の代表で、発達障がい応援キャラバンを企画する

関 伊都子さん

高津区在住 56歳

10月25日号

橋本 憲明さん

子ども虐待防止を願う「オレンジリボンたすきリレー」のPRに努める新日本学園の職員

橋本 憲明さん

木月伊勢町在住 69歳

10月18日号

服部 星奈(せな)さん

市内で活動するご当地アイドル「川崎純情小町☆」の新メンバー

服部 星奈(せな)さん

中原区・麻生区担当 

10月11日号

古田 博子さん

車いすダンスの普及に努める「NPO全日本車いすダンスネットワーク」の副会長

古田 博子さん

小杉陣屋町在住 54歳

10月4日号

鬼頭(きとう) 光子さん

中丸子いこいの家で教養講座「童謡教室」の講師を務める

鬼頭(きとう) 光子さん

下沼部在住 74歳

9月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月8日号

お問い合わせ

外部リンク