中原区版 掲載号:2016年4月8日号 エリアトップへ

水素エネルギーで電力供給 南武線・武蔵溝ノ口駅

社会

掲載号:2016年4月8日号

  • LINE
  • hatena
自立型水素エネルギー供給システムの設置イメージ(提供:JR東日本横浜支社)
自立型水素エネルギー供給システムの設置イメージ(提供:JR東日本横浜支社)

 JR東日本横浜支社と川崎市は先月24日、南武線武蔵溝ノ口駅に自立型水素エネルギー供給システムを整備すると発表した。太陽光などの再生可能エネルギーと水素を活用し、災害時に帰宅困難者の一時滞留場所となる駅で必要な非常用電源として機能する。同様のシステムの導入は鉄道事業者で初。稼働開始は2017年春を予定している。

 同システムは、駅屋上に設置した太陽光パネルで発電した電力で水素を生成。その水素をタンクに貯蔵し、燃料電池で発電して駅舎の電源の一部として使用する。災害時にライフラインが寸断されても、トイレや電光掲示板などへ電力を供給できる。平時は駅舎の照明などに使用。二酸化炭素排出量を20%削減できるという。市スマートシティ戦略室は「水素エネルギーは大容量の貯蔵が可能。温水も作り出せるため、様々な場面で活用できる」としている。

中原区版のローカルニュース最新6

感染症対策を可視化

感染症対策を可視化 社会

県が事業者向けに

7月3日号

職場の多様性考える講演

町工場社長が登壇

職場の多様性考える講演 社会

7月10日、オンラインで

7月3日号

来年度の教科書を展示

来年度の教科書を展示 教育

採択替えなど約270冊

7月3日号

県合唱コン リモート開催

県合唱コン リモート開催 文化

8月31日まで募集

7月3日号

休業事業者に一律10万円

神奈川県

休業事業者に一律10万円 社会

申請受付は7月14日まで

7月3日号

日々コロナ対策を

日々コロナ対策を 文化

健康福祉局などが呼びかけ

7月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月3日号

お問い合わせ

外部リンク