中原区版 掲載号:2016年4月8日号 エリアトップへ

「プレミアム」効果は12.6億円 実行委員会が報告書

経済

掲載号:2016年4月8日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市や川崎商工会議所、市商店街連合会などでつくる「川崎プレミアム商品券実行委員会」がまとめた報告書によると、昨年販売した商品券の消費喚起効果が推計12億6千万円だったことが分かった。

 1冊1万円で1万2千円分の買い物ができる商品券は、市内で27万5千冊発行され、総額は33億円だった。

 報告書によると、昨年9月1日から12月末までの利用率は99・83%に達した。

 区別での利用状況は川崎区が6億1550万円でトップ。発行総額の18・7%を占めた。中原区は5億7340万円(17・4%)でトップの川崎区に次ぐ利用金額だった。

 各区で販売された当選金額からの利用金増加率でみると、川崎区、幸区、麻生区では他区在住者の利用が多いことが判明。中原区、宮前区、多摩区在住の商品券購入者は他区での商品券利用が多かったことが明らかになった。

取扱店の9割で商品券利用

 一方、商品券の利用があった取扱店舗は4184店で全体の90%近くに達した。商店街での利用状況は、川崎市商店街連合会加盟店舗や協賛店舗での利用金額が18億9160億円で利用率は57・4%に達した。店舗面積1千平方メートルを超える大規模小売店舗と中小店舗で比較した利用率は大規模店舗が73・6%で中小店舗が26・4%だった。

 業種別の利用状況はスーパー(個人経営含む)が17億4010万円で全体の5割以上を占め、ショッピングセンター5億4450万円(16・5%)▽家電販売店3億1260万円(9・5%)の順になった。

 今回の報告書では、実行委員会がプレミアム商品券利用者(2067件)に実施したアンケート調査から消費喚起効果を推計。商品券の入手がきっかけになった商品・サービスの購入金額が12億6千万円に達したことが判明した。

中原区版のトップニュース最新6

住宅被害1000件超か

台風19号中原区

住宅被害1000件超か 社会

約9割が床上浸水

11月15日号

川崎F(フロンターレ)に運営権

生田浄水場新スポーツ拠点

川崎F(フロンターレ)に運営権 経済

市が整備計画、22年完成へ

11月15日号

水没品 市費修復へ

川崎市市民 ミュージアム

水没品 市費修復へ 文化

9万点は保険補償外

11月8日号

区役所以外で申請受付

マイナンバーカード

区役所以外で申請受付 社会

普及めざし初の試み

11月8日号

交通事故死758日「ゼロ」

交通事故死758日「ゼロ」 社会

中原区内、過去最長を更新中

11月1日号

賞金で市内被災地支援

川崎F

賞金で市内被災地支援 スポーツ

ルヴァン杯優勝 心一つに

11月1日号

復興へ 広がる支援

台風19号中原区

復興へ 広がる支援 社会

ボランティア受付、415人

10月25日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

森永卓郎氏らが講演

市歯科医師会

森永卓郎氏らが講演

100周年記念で「市民公開講座」

12月15日~12月15日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2019年11月15日号

お問い合わせ

外部リンク