中原区版 掲載号:2016年4月8日号 エリアトップへ

川崎市地域包括ケア 各区に「みまもりセンター」 新部署設置で連携強化

社会

掲載号:2016年4月8日号

  • LINE
  • hatena
地域包括ケアシステムの構図
地域包括ケアシステムの構図

 子どもから高齢者・障害者までを対象とする「地域包括ケアシステム」を推進するため、川崎市は新部署「地域みまもり支援センター」を4月1日、市内各区役所に設置した。関係部署を集約し、連携を強化。自助や助け合いを促進し、地域包括ケアシステムの構築を図る。

◇  ◇  ◇

 地域包括ケアシステムとは、子どもから高齢者・障害者までのすべての地域住民が住み慣れた地域で安心して暮らしていけるよう、自助・互助・共助・公助の適切な役割分担のもと、医療・介護・福祉・生活支援などが切れ目なく、一体的に行われる体制づくり。同システムの構築は、国の方針として団塊の世代が75歳以上の後期高齢者になる2025年を目処に全国の自治体が取り組んでいる。

部署間の連携強化で課題解決へ

 地域みまもり支援センター内には、▽保健師と社会福祉職などの専門職が関係部署や地域の関係機関・団体などと連携しながら個別支援の強化などに取り組む「地域支援担当」、▽地域の福祉団体などと連携し、各区の実情を踏まえたシステムの構築に向けた企画・調整、区地域福祉計画の策定・推進などを行う「地域ケア推進担当」、▽保育所・学校と地域との連携により、支援が必要な家庭や子どもに関する情報共有や対応の強化に取り組む「保育所等・地域連携」「学校・地域連携」が設置される。「地域支援担当」では母子健康手帳や乳幼児健診、子ども・子育て相談、健康づくり、介護予防など、「地域ケア推進担当」では民生委員児童委員、保護司会などの担当窓口も担う。

 市地域包括ケア推進室は「各分野の部署を地域みまもり支援センターに集約し、横のつながり、連携を深め、さまざまな課題に取り組んでいく」としている。問合せは同推進室(【電話】044・200・0474)。

中原区版のトップニュース最新6

感染者増、第2波阻止へ

市内コロナ

感染者増、第2波阻止へ 社会

研究所「PCR拡充も一因」

7月10日号

2年連続中止へ

中原区民祭

2年連続中止へ 社会

コロナ受け、安全面を考慮

7月10日号

実施校 目標の3分の1

川崎市寺子屋

実施校 目標の3分の1 教育

計画7年目、新設進まず

7月3日号

タワマンへ情報電子板

小杉駅前エリマネ

タワマンへ情報電子板 社会

目標13棟「有益な地域情報を」

7月3日号

収蔵品搬出、完了へ

市民ミュージアム

収蔵品搬出、完了へ 社会

3カ月遅れも開館は未定

6月26日号

熱中症・コロナ 対策両立へ

熱中症・コロナ 対策両立へ 社会

市、ツイッターで注意喚起

6月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

  • 5月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

多摩川をカヌーで渡ろう

多摩川をカヌーで渡ろう

8月2日 参加者募集中

8月2日~8月2日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年7月10日号

お問い合わせ

外部リンク