中原区版 掲載号:2016年4月15日号 エリアトップへ

仮称等々力大橋 景観と安定性考慮 世田谷区で説明会

掲載号:2016年4月15日号

  • LINE
  • hatena

 中原区宮内1丁目と世田谷区玉堤2丁目をつなぐ「等々力大橋(仮称)」が景観と安定性を考慮した珍しい構造になる事が分かった。3月28日、世田谷区の小学校で行われた説明会で工事を主導する都の担当者が明らかにした。

 今回の説明会で発表された等々力大橋は、概要によると橋の長さは約390m。景観を考慮し、橋脚3本と橋台2本の少ない土台となっている。また、安定性に関しては橋桁と鋼ケーブルの2つで橋を形成する特殊な構造になっている。担当者によると「通常このような橋は支えとなる橋脚が多く必要になるが、一級河川の多摩川では景観に配慮する必要があり最低限の柱しか組めない。強度や安定性を工夫する必要があり、橋桁とケーブルのダブルで力を分散する珍しい構造となっている」と話す。

 施工は東京都が担当し管理を川崎市が担う予定。架橋に向けてのスケジュールは、現況の地形を調べるための測量を今年6月から始め、11月には機材などを運ぶ搬入路を整備。17年から22年にかけて、5回に分けて橋脚と橋台の工事を行う予定。なお工事は多摩川の水量の少ない11月〜5月の間のみとし、その後、道路を整備して、概ね2025年度頃までの完成を目指す。東京都の職員は「東京都では1946年から計画していたことなので都民にとっては『やっと』という思い。早く完成し地元の財産になってほしいという声がある」と話している。

 管理を行う川崎市建設緑政局の担当者は「事業費など具体的な部分を詰めていくため秋頃を目途に東京都と協定を結ぶ。工事に入る前には川崎市側でも説明会を開きたい」という。

 川崎市では等々力大橋を当初は15年度内に着工し20年内の完成を目指してきたものの、昨年末に着工の先延ばしを発表している。また用地取得が進んでいないことも報告。川崎市建設緑政局は「遅れているが橋が出来れば間違いなく周辺の渋滞が緩和し利便性が出てくる。着実に進めていきたい」としている。地元、宮内自治会の黒田守正会長は「利便性が高くなるし早くつくってほしい。ただいつ完成するのか」と話す。

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

18年ぶり減少

中原区子ども人口

18年ぶり減少 社会

市内最多の3万3751人

5月13日号

落書き防止へ壁面装飾

南武沿線道路高架下

落書き防止へ壁面装飾 社会

フロンターレが区に協力

5月13日号

「緑化計画」19年ぶり改定

小杉地区

「緑化計画」19年ぶり改定 社会

市、市民や企業とも連携

5月6日号

イベント参加で記念品

中原区50周年

イベント参加で記念品 社会

魅力再発見へ通年企画

5月6日号

華道展 18年ぶり市内で

華道展 18年ぶり市内で 文化

県内23団体267点並ぶ

4月29日号

「校庭開放」モデル校設置へ

「校庭開放」モデル校設置へ 教育

市立小、全校実施めざし

4月29日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

  • 4月29日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2022年5月13日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook