中原区版 掲載号:2016年4月22日号 エリアトップへ

中原区区民会議 2年間の活動を報告 テーマはごみ・交通マナー

社会

掲載号:2016年4月22日号

  • LINE
  • hatena
報告する区民会議メンバー(右)
報告する区民会議メンバー(右)

 第5期中原区区民会議(板倉徹委員長)は4月13日、今期の審議内容をまとめた報告書を鈴木賢二中原区長に提出した。報告書を受け取った鈴木区長は「1つ1つの要望や提案を職員と検討して、区の課題解決に向けて取り組んでいきたい」と話した。

◇  ◇  ◇

 区民会議とは、地域の課題を区民が主体となって解決の方法を探る機関。公募や推薦などで選ばれた区民20人で構成され、1期2年の任期で活動している。

 今回、鈴木区長に提出した報告書は、現状の区の課題と、それに対する取組みをまとめたもの。「実践」に重きを置いた今期は、ゴミと交通マナーから8つの課題を抽出し、それぞれ解決に向けた活動を行った。板倉委員長は「委員を3期やってきたけど、中原区は街の変化の方が早い。じっくり考えて取り組もうと思っていたら、問題点が次々出てきて、対策案が出てこなくなる。そのため、今期は実践できるテーマを選んで実際に活動することに重点を絞った」と振り返った。

コミュニティ活性化へ「みんなで」実践

 具体的に地域コミュニティの活性のため、「みんなで」実践することに重きを置いて事業を進めた。ゴミ問題に対しては、まちの美化を通して地域の絆を深め、活性化するという目的のもと、武蔵小杉駅周辺での『なかはら一斉クリーンアップ大作戦』、区民祭での『等々力ピカ美化大作戦』、川崎フロンターレの選手を起用した啓発看板の設置、啓発人形劇の公演などを行った。交通マナーについては、相互理解・思いやりの交通マナーを育て、歩きやすく、すみやすいまちにするという目標のもと、高齢者向けの交通安全講習会、スケアードストレート方式の交通安全教室、ポスターコンテスト、キャンペーンの展開などを行った。

 なお、区民への報告は5月28日(土)午後1時から中原市民館での区民会議フォーラムで行われる。当日は人形劇やゲームなどで、これまでの取り組みをわかりやすく伝えるという。
 

中原区版のトップニュース最新6

「前段階」識別に新検査

認知症対策

「前段階」識別に新検査 社会

市、タブレット使い試行へ

2月21日号

避難所に担架・簡易ベッド

中原区予算案

避難所に担架・簡易ベッド 社会

資器材を整備、補充へ

2月21日号

文化財登録へ一歩前進

川崎球場遺構

文化財登録へ一歩前進 文化

市議会が趣旨採択

2月21日号

風水害対策に81.9億円

川崎市予算案

風水害対策に81.9億円 経済

復旧継続、「備え」強化へ

2月14日号

台風の教訓、400人共有

丸子6町会

台風の教訓、400人共有 社会

防災訓練で対策協議

2月14日号

「開かずの踏切」 8分短縮へ

平間駅

「開かずの踏切」 8分短縮へ 社会

JR、来年度末に新システム

2月7日号

収蔵品搬出、残り7割

川崎市市民ミュージアム

収蔵品搬出、残り7割 文化

年度内の作業完了めざす

2月7日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年2月21日号

お問い合わせ

外部リンク