中原区版 掲載号:2016年5月5日号 エリアトップへ

市政レポート 小杉子ども文化センター子ども達の居場所の整備に向けて 川崎市議会議員 前まちづくり委員会副委員長 原 典之

掲載号:2016年5月5日号

  • LINE
  • hatena

 今年3月末に休館となり、当初代替措置が取られていなかった「小杉こども文化センター」ですが、地域の方々から2月に市民委員会に請願(請願第18号 小杉こども文化センターの代替地・代替機能となる場所等の速やかな実現を求める請願)が提出されました。

委員の方々からは【小杉こども文化センター休止から解体までの期間における現施設の利用について】【仮設施設完成までの期間の代替的機能の確保策について】【仮設施設の概要及び設置における費用負担について】などの質疑・答弁が行われ、結果、「今後、関係者との調整等を適切に行い、早急に代替施設の設置等の実現が図れるよう努めるべき」とし、全会一致で趣旨採択となりました。

 それを受け、今年度より、中原区役所の一部を利用し代替機能を整備することとなり、その後プレハブを建て代替施設としていく予定となりました。

 平成28年度から新施設が完成する平成31年度までの4年間は、大人からしたらあっという間かもしれませんが、主に利用している児童や中高生においては、友人との友情を育む、また地域の人達との関わりを形成するなどの重要で貴重な時間と考えます。中原区役所という限られた空間での代替となりますが、引き続き注視しながら、党派を超え、中原区選出議員団の一員として地域の子ども達の居場所の整備に取組んで参りたいと存じます。

今年3月に休館となった小杉子ども文化センター
今年3月に休館となった小杉子ども文化センター

川崎市議会議員 原典之

中原区小杉町2-313

TEL:044-711-5511

http://www.hara-nori.com

中原区版の意見広告・議会報告最新6

JR南武線連続立体交差事業【3】大規模投資再検討。市民を置き去りにする「検討」か!?

市政報告vol.69

JR南武線連続立体交差事業【3】大規模投資再検討。市民を置き去りにする「検討」か!?

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

2月12日号

平間駅に「臨時改札」追加検討へ

市政レポートNo.130

平間駅に「臨時改札」追加検討へ

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

2月12日号

新型コロナウイルスワクチン接種に向け

市政レポートNo.101

新型コロナウイルスワクチン接種に向け

健康福祉委員会委員長 原 典之

2月5日号

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

市政報告vol.68

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月8日号

罹災証明書の出張申請を可に。令和元年東日本台風を教訓に。

市政報告vol.67

罹災証明書の出張申請を可に。令和元年東日本台風を教訓に。

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月1日号

「住み続けたい街へ」

市政報告

「住み続けたい街へ」

公明党川崎市議団 川島 まさひろ

1月1日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年2月19日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク