中原区版 掲載号:2016年5月13日号 エリアトップへ

外国人市民意識調査 支援制度 周知に課題 市、生活実態を聞き取り

社会

掲載号:2016年5月13日号

  • LINE
  • hatena

 生活に関する不安や困惑について、川崎市が市内在住の「外国人市民」にインタビューした「外国人市民意識実態調査」の結果が、先月まとまった。年金や介護など、行政の支援制度について情報周知が行き届いていない実態などが浮き彫りになった。

♢  ♢  ♢

 今回の調査は、外国人市民の生活実態や要望に焦点を当て、約20年ぶりに行われた昨年のアンケート調査を掘り下げようと実施。外国人市民が20年前より約1・5倍に増加した背景などを踏まえ、書面調査では十分に聞き取れなかった声をまとめた。

 調査結果は報告書にまとめられ、情報へのニーズや子育て、教育、雇用など11章で構成。「介護が必要になった場合の暮らし方」に、「国民年金に入れるようなことを『知らせてくれなかった』ゆえに、現在その分を受け取ることができない」等という意見があった。

 また「子育てをめぐる課題」では、「福祉制度の利用を求めて相談所に行ったところ『会社に頼んでください』と言われ、会社に相談できずに困った」といった声があった。

 市は「支援のための制度や事業を、外国人市民が使いやすいものにする必要がある。制度の周知を課題として、今後の施策に反映していきたい」としている。

 インタビューは学識経験者らによる調査チームが昨年6月から8月、44人を対象に実施。報告書は各区役所の市政情報コーナーや市ホームページで閲覧できる。
 

中原区版のトップニュース最新6

4人に1人が私立中学

中原区

4人に1人が私立中学 教育

進学率、5年連続上昇

4月9日号

女子用スラックス、6割

川崎市立中

女子用スラックス、6割 教育

市教委「近年増加傾向に」

4月9日号

18年の活動に幕

自共生

18年の活動に幕 社会

放置自転車改善で功績

4月2日号

ご当地体操、「ご自宅で」

パンジー隊×中原区

ご当地体操、「ご自宅で」 社会

NECが協力し、動画刷新

4月2日号

性暴力根絶へ 地元から

フラワーデモ川崎

性暴力根絶へ 地元から 社会

市内初、「ともに寄り添う」

3月26日号

市内で減少 コロナ影響か

運転免許自主返納

市内で減少 コロナ影響か 社会

75歳以上は顕著

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月9日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク