中原区版 掲載号:2016年5月20日号 エリアトップへ

市政報告N0.14 小児医療費助成事業の課題について 川崎市議会議員 松井たかし

掲載号:2016年5月20日号

  • LINE
  • hatena

 「川崎市の人口動態―平成27年―」において、中原区は、武蔵小杉駅周辺の再開発などを背景に、主に20歳代の転入超過が続いており、また出生数は3039人(前年比119人増)と川崎市内で最も多い状況です。このことからも、子育ての不安を解消し、安心して子どもを産み育てることのできる環境づくりが今後益々重要になります。 

 小児医療費助成事業の通院助成対象については、本年4月に小学2年生から小学3年生まで拡大されました。さらに、平成29年4月には、小学6年生まで拡大するための検討・調整が進められているとともに、制度の安定的かつ継続的な運用を図るため、受益と負担の適正化や適正受診の観点から、受診者に一定の負担を求める仕組み等についても検討しています。

財政の裏付けと受益と負担の適正化を

 小児医療費助成事業の通院助成について、対象を拡大していくことは、必要であると考えています。しかしながら、「今後の財政運営の基本的な考え方」の中でも示されているように、社会保障関連経費が引き続き増加が見込まれている中、財政の裏付けなどをしっかりと確認するなど慎重に対応していくことが重要であると考えます。

 次に、制度の安定的かつ継続的な運用を図るため、受益と負担の適正化や適正受診の観点から、受診者に一定の負担を求めることを検討する前に、私は受益と負担の適正化という観点、こどもは社会で育てるという観点からも、現在所得制限によりこの制度が適用されていない方々について、所得制限を撤廃してこの制度を適用すべきだと考えます。私は、これらの課題を一つ一つ解決し、子育ての不安を解消し、安心して子どもを産み育てることのできる環境づくりに、これからも引き続き取組んでまいります。

松井たかし 

川崎市中原区下小田中2-21-6-202

TEL:044-799-7915

http://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

ドローン等活用した危険な崖地等の防災に資する調査を充実せよ(前編)

市政報告vol.71

ドローン等活用した危険な崖地等の防災に資する調査を充実せよ(前編)

川崎市議会議員 末永 直

4月9日号

予算審査特別委員会で質問しました

市政レポートVol.17

予算審査特別委員会で質問しました

川崎市議会議員 吉沢 直美

4月2日号

クラスターの温床、大阪と同じ轍を踏むな

市政レポートNo.131

クラスターの温床、大阪と同じ轍を踏むな

みらい川崎市議会議員団 おしもとよしじ

4月2日号

新型コロナウイルスワクチン接種体制構築へ

市政レポートNo.102

新型コロナウイルスワクチン接種体制構築へ

前健康福祉委員会委員長 原 典之

4月2日号

新型コロナ対策に積極提言‼

市議会報告 みらい川崎市議会議員団

新型コロナ対策に積極提言‼

3月26日号

ホームレスが減っている川崎市本市の自立支援活動の取り組み

市政報告

ホームレスが減っている川崎市本市の自立支援活動の取り組み

川崎市議会議員 松原しげふみ

3月26日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年4月16日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter