中原区版 掲載号:2016年6月17日号 エリアトップへ

川崎市保育所対策 開発業者に協力を要請 マンション等の人口増加に伴い

社会

掲載号:2016年6月17日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市は、人口増加に伴い増える保育需要に対応するため、「(仮称)市保育所等整備協力要請制度」を今年10月に導入することを決めた。マンション等の開発事業者に対して、強制ではないが、保育所等の自主整備や1戸当たり30万円を基準とした寄附金を要請する。

 川崎市は、近年マンション等大型集合住宅の開発が進み、人口が増加。それに伴い保育所の利用申請数も毎年増加している。これまでも大幅な保育受入枠の拡大を図ってきたが、保育所の整備にかかる費用も増加し、09年度が約4・5億円だったのに対し、今年度は約18・9億円が見込まれるなど高い水準で推移する。

 そのような背景から、市は今後人口増および保育需要の増加が見込まれる地域については、保育所の重点的な整備が必要となるため、マンション開発事業者に対しても保育所整備など一定の協力を要請する必要があると判断。「(仮称)市保育所等整備協力要請制度」の導入を決めた。

 同制度は、今年度以降に主に市内各駅から1Km以内の重点要請地域(表)で、世帯用住戸(床面積60平方メートル以上)50戸以上の共同住宅を計画する開発事業者を対象に、小規模保育事業所や認可保育所の自主整備、または、住戸1戸当たり30万円を基準とする寄附金による協力要請を行う。強制力はないが、これまで無かった明確な基準が設けられたことで、市の担当者も具体的に勧められるほか、業者側も目安があることで、協力しやすくなるというメリットが考えられる。市では「明文化することで今後は市の姿勢をはっきり示せる。施行後の効果に期待したい」と話す。

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

中原区版のトップニュース最新6

待機児童 2年連続ゼロ

川崎市

待機児童 2年連続ゼロ 社会

保留は1,552人に減少

5月20日号

児童合唱団「魅力を次代へ」

児童合唱団「魅力を次代へ」 教育

市連盟が支援、区内拠点に

5月20日号

18年ぶり減少

中原区子ども人口

18年ぶり減少 社会

市内最多の3万3751人

5月13日号

落書き防止へ壁面装飾

南武沿線道路高架下

落書き防止へ壁面装飾 社会

フロンターレが区に協力

5月13日号

「緑化計画」19年ぶり改定

小杉地区

「緑化計画」19年ぶり改定 社会

市、市民や企業とも連携

5月6日号

イベント参加で記念品

中原区50周年

イベント参加で記念品 社会

魅力再発見へ通年企画

5月6日号

ランドマーク税理士法人の代表

川崎で5/25『相続専門の税理士法人、父の相続を担当する』出版記念セミナー

https://www.landmark-tax.com/

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 5月20日0:00更新

  • 5月13日0:00更新

  • 5月6日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2022年5月20日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook