中原区版 掲載号:2016年6月24日号 エリアトップへ

このほど川崎葬祭具協同組合の理事長に就任した 齋藤 隆さん 中丸子在住 35歳

掲載号:2016年6月24日号

  • LINE
  • hatena

組合活動は「市民のために」

 ○…昨年は市と消費者トラブル防止に関する協定を締結した川崎葬祭具協同組合。「市民が安心して葬儀を行えるように、啓発活動に力を入れたい」と理事長としての抱負を語る。近年、葬儀トラブルが増えており、「ネットを使った悪徳業者が多くいる。高額な費用を請求されたり、式の運営がいいかげんだったりするケースが多いので、事前に見極めができるよう情報発信をしていきたい」と話す。トラブル回避のため、業界の情報を周知していくことが組合の役割と認識する。

 ○…祖父が始めた(株)川崎葬儀社に20歳の時に入社し、営業部長、常務取締役などを経験。父が倒れたことをきっかけに、27歳で代表取締役社長に就任した。この仕事のやりがいは、人に「感謝」されること。「悲しいはずのお葬式の後に『ありがとう』と笑顔で言われると、大切な人の最期に携われて本当に良かったと思います」と話す。葬祭業は、24時間営業で不眠不休が続くこともある。しかし、「それを上回る使命感を感じている」と頼もしい。

 ○…夫人、小学4年の娘と3人家族。決まった休みがなく、生活も不規則だが、毎日の食卓を家族で囲むようにしたり、時間があれば掃除をしたりと、家族サービスは忘れない。中学までは相撲部屋に通い力士をめざしていたというだけあって、趣味は相撲観戦。先日の川崎場所も等々力アリーナで観戦した。生まれも育ちも小杉で「地域の皆様には大変お世話になっています」と話す。地元を愛する想いが「川崎市のために」という活力になっている。

 ○…同組合は、かつては市民葬儀制度の導入提案をするなど、60年以上にわたり市民が安心して葬儀を執り行えるよう活動を続けている。「皆様にお葬式の正しい知識を知ってもらいたい」と、今後は市内各地でのセミナーや勉強会を予定している。「葬儀は大切な人の最期の場面。安らかにお送りできるよう、組合が全力でサポートします」

中原区版の人物風土記最新6

鈴木 和彦さん

神奈川県電気工事工業組合の理事長に5月に就任した

鈴木 和彦さん

(株)イスズ(今井南町)会長 69歳

6月18日号

鶴田 ちなみさん

ご当地アイドル「川崎純情小町☆」のメンバーで中原区を担当する

鶴田 ちなみさん

幸区出身

6月11日号

川本 文人さん

NEC玉川プロボノ倶楽部でリーダーを務め、地域連携のため奔走する

川本 文人さん

千葉県在住 57歳

6月4日号

白井 信夫さん

100回目の開催を迎えた丸子地区小学生野球大会に初回から携わる

白井 信夫さん

丸子通り在住 77歳

5月28日号

落合 楓乃(かの)さん

法政二高出身で、ミス・グランドとして県代表に選ばれた

落合 楓乃(かの)さん

東京都在住 20歳

5月21日号

梨元 陽葵(ひより)さん

ご当地アイドル「ハニートランス」でリーダーを務める

梨元 陽葵(ひより)さん

中原区在勤 

5月14日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年6月18日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter