中原区版 掲載号:2016年11月25日号
  • googleplus
  • LINE

福祉のイメージ破る講演 放課後デイ代表「療育」語る

教育

 子どもが楽しく生活するために必要なことは――。宮前区・高津区で放課後デイサービスを運営している(株)アイム(佐藤典雅代表取締役)が11月3日、高津市民館で、講演会「療育なんかいらない! 発達障害の子育て」を開催した=写真。

 佐藤さんによる著書『療育なんかいらない!』の出版を記念した同イベント。佐藤さん自身が自閉症の子どもを持つ親で、自閉症が改善されるという療育プログラムを受けるためにアメリカに移住したことも。帰国して日本の福祉にはイメージアップが必要と感じ、昨年自ら放課後デイの教室を設立。かながわ福祉サービス大賞も受賞している。

 講演会には約200人が来場。佐藤さんは体験談を交えながら現代の福祉や療育の問題点を挙げ、「親が楽しく生きれば、子どもも楽しくなる。親が胸を張って生きないと」と熱く語った。参加者からは「子育てにそこまで根を詰めなくて良いとわかった」などの感想が挙がった。

 今後は、市内で就労支援施設やグループホームの創設に携わっていくという。「全国規模ではなく、隣の自閉症をどうするか。親としての視点と経営者としての視点で事業を展開していく」と話している。

中原区版のローカルニュース最新6件

市民公開講座参加者募集

聖マリ医大専門医らが解説!「老化を遅らせる最新医学」

http://npoacademy.jp

<PR>

中原区版の関連リンク

あっとほーむデスク

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

イベント一覧へ

看護の資格活かして

看護の資格活かして

7月25日に相談会

7月25日~7月25日

中原区版のイベント一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2018年7月13日号

政治の村で詳細情報発信中

お問い合わせ

外部リンク