中原区版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

夢や希望凧にのせて 「絵付け」作品も勢ぞろい

文化

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena
作品を持つ大谷理事長(左)と小笠原会長
作品を持つ大谷理事長(左)と小笠原会長

 毎年恒例の新春凧揚げ大会が15日、多摩川河川敷で行われた。36回目となる今年は雨天のため当初予定から順延したものの、無事晴天のもと開催。集まった親子約600人が一斉に凧揚げを楽しんだ。子ども会に属する児童らが凧に絵を描いた「白凧絵付け」の審査会も行われ、278点から優秀作品50点が選ばれた。

 主催した市公園緑地協会の大谷雄二理事長は「市内で凧揚げができる場は少ない。子ども達の笑顔が見られて嬉しい」と話した。区子ども会連合会の小笠原茂春会長は「今年は酉年。子ども達も元気に羽ばたく年になれば」と話していた。

大空に一斉に揚がる凧
大空に一斉に揚がる凧

中原区版のローカルニュース最新6

解釈指針を発表

川崎市差別禁止条例

解釈指針を発表 社会

具体的行動などを例示

3月27日号

斜面点検「危険なし」

斜面点検「危険なし」 社会

市が1072カ所を調査

3月27日号

計画運休で保育所閉園へ

計画運休で保育所閉園へ 社会

川崎市が検討

3月27日号

南武線にトーマス合体

南武線にトーマス合体 社会

英国キャンプをPR

3月27日号

新型コロナで緊急要望書

新型コロナで緊急要望書 政治

公明党川崎市議団

3月27日号

災害時営業ひと目で判断

市薬剤師会

災害時営業ひと目で判断 社会

開局中イエローフラッグ

3月27日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年3月27日号

お問い合わせ

外部リンク