中原区版 掲載号:2017年1月20日号 エリアトップへ

イトーヨーカ堂武蔵小杉駅前店 「バナナ隊長・小林選手に期待」 かわさき応援バナナキャンペーン

文化

掲載号:2017年1月20日号

  • LINE
  • hatena
イベントで、あんぱんの売上数を発表する西川店長(左)と小林悠選手
イベントで、あんぱんの売上数を発表する西川店長(左)と小林悠選手

 イトーヨーカ堂武蔵小杉駅前店(西川晃石店長)で1月16日、『かわさき応援バナナキャンペーン』が行われた。

 今年は川崎Fの小林悠選手がバナナ隊長を務めた。バナナ購入者は先着で、握手会参加や特製ポストカードの特典が付くとあって、当日は開店前の午前7時頃から並ぶファンの姿も。イベントでは、小林選手が一人ひとりと握手を交わし、記念撮影を行うなど、終始サポーターの笑顔が絶えなかった。西川店長は「一昨年は隊長を務めた大久保選手が3年連続得点王、昨年の中村選手はMVP。過去最高の売上に起因した今年の小林選手は一体?」と期待をこめる。

小林選手とあんぱん

 同店と小林選手は「あんぱん」でつながっている。昨年11月、移籍が噂された小林選手がチーム残留をブログで表明。すると、同店では翌日の朝から1階のオフィシャルショップの店頭で、あんぱんの販売を開始した。小林選手のチャント(応援歌)がアンパンマンのマーチであることから西川店長が「感謝の意を込めてあんぱんを販売した」という。SNSなどで情報は拡散し、一日平均50個だった販売数が、残留発表後は同500個以上売れる日もあった。イベント当日は過去最高の1382個が売れ、1万9619個まで販売数を伸ばした。この結果に小林選手も喜んでいたという。次の目標は2万2136個。これは昨年のリーグ戦でのホームゲームの平均入場者数から+1したもの。多くの人に等々力で応援してもらいたいという意図がある。「最近は店とサポーターの距離が近づいているのを感じる。今後も様々な企画でチームとサポーターを応援したい」と西川店長。

 同店では、川崎Fの応援をはじめ、行政や警察のイベントに催事場を提供するなど、今後も地域に密着・貢献していく。(中面に関連記事あり)

イトーヨーカドー武蔵小杉駅前店

中原区版のローカルニュース最新6

新聞たまり異変に気付く

下小田中の販売店・野中さん

新聞たまり異変に気付く 社会

人命救助で市から感謝状

4月3日号

企業の協力会が寄付

新1年生に登校グッズ

新1年生に登校グッズ 社会

JAら交通安全願い寄贈

4月3日号

ホーム2面化へ着工

横須賀線

ホーム2面化へ着工 社会

完成は2022年度末頃

4月3日号

犬猫の譲渡数増加

犬猫の譲渡数増加 社会

アニマモール移転1年

4月3日号

市民227人、一時活動休止

英国事前キャンプ

市民227人、一時活動休止 文化

市、五輪延期受け

4月3日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月30日0:00更新

  • 6月7日0:00更新

  • 4月19日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2020年4月3日号

お問い合わせ

外部リンク