中原区版 掲載号:2017年2月24日号 エリアトップへ

川崎市 リノベで空き家・創業者支援 スクールや検討会など開催

社会

掲載号:2017年2月24日号

  • LINE
  • hatena
事業案を発表する参加者
事業案を発表する参加者

 川崎市は、川崎駅周辺エリアを中心に、既存の建物などに付加価値を付けて改修する「リノベーション」と呼ばれる手法を使ったまちづくりを推進している。昨年12月には不動産オーナーに呼びかけを行い「リノベーションまちづくり検討会」を立ち上げ、2月上旬には「リノベーションスクール」を開催した。空きビル対策と共に創業者の育成を狙う。

地域課題の解決に

 リノベーションは、新しく建築するよりも低コストで済む点がメリット。まちの交流の場としてのカフェなどが入り、雇用の創出など地域課題の解決に一役買う。2010年頃に北九州市でまちづくりに活用して注目を集め、全国各地で取り入れられている。

 川崎市でも、病院を活用したホテルや、ビルと倉庫を使った体育館などの複合施設、ビルを改修し、バーベキューなどができるレンタルスペースなどがあり、新たな観光客の創出や創業支援に役立っている。

まちづくりに反映

 市によると、川崎駅周辺エリアは、建物の老朽化や空きビルの増加が目立ち、夜間の防犯面などを心配する声が寄せられている。

 こうした背景を基に、市では昨年12月から地元の不動産オーナーや事業者などが参加する「リノベーションまちづくり検討会」を開催。検討会では、リノベーションの必要性や事例を学び、同エリアのまちづくりの目指す方向性を考えている。

 2月上旬には創業支援や遊休不動産を活用した事業化を目指す「リノベーションスクール」を開催。市在住者を中心に、建築や飲食関係者、主婦など10代から40代の参加者が、グループに分かれて不動産オーナーに対して事業提案を行った。

 市は今後、遊休不動産の調査やリノベーションスクールなどの開催を通じた事業化を目指すとともに、リノベーションを使ったまちづくりを市全体に拡大していきたいとしている。

中原区版のトップニュース最新6

事業期間、5年短縮へ

南武線立体交差

事業期間、5年短縮へ 経済

「開かずの踏切」解消に前進

9月24日号

市独自で年内制定へ

犯罪被害者等支援条例

市独自で年内制定へ 社会

相談窓口に心理職ら配置

9月24日号

「4年間の達成度は?」

福田市長マニフェスト

「4年間の達成度は?」 政治

大学准教授ら5人が検証

9月17日号

「五輪の経験」児童に披露

バレー・女子レッドロケッツ

「五輪の経験」児童に披露 スポーツ

オンラインで交流

9月17日号

コアパーク、10月開放

コアパーク、10月開放 社会

賑わい創出へ、休憩所も

9月10日号

市民ミュージアム取り壊し

市民ミュージアム取り壊し 文化

日程は未定 移転再建へ

9月10日号

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 9月3日0:00更新

  • 8月27日0:00更新

  • 8月20日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

バックナンバー最新号:2021年9月24日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク

Twitter

Facebook