中原区版 掲載号:2017年4月21日号 エリアトップへ

市政報告N0.27 環境に優しい水素エネルギーを安全・安心に利活用する社会の実現のために 川崎市議会議員 松井たかし

掲載号:2017年4月21日号

  • LINE
  • hatena

 東日本旅客鉄道株式会社(以下、JR東日本)は、水素エネルギーの利活用を推進しており、省エネルギー・再生可能エネルギーなど様々な環境保全技術を駅に導入する取組み「エコステ」を実施しています。

 平成27年1月に川崎市とJR東日本との間で締結された包括連携協定の中で、来るべき水素社会を見据え、水素エネルギーの利活用に戦略的に取組むなど、環境負荷を更に低減させ、持続可能な社会の実現を目指す取組みとして、「水素の利活用に向けた検討」が謳われています。これに基づき、4月17日武蔵溝ノ口駅がCO2フリー水素エネルギー(※)を活用した「エコステ」モデル駅としてリニューアルしました。

避難所などにも設置を

 「エコステ」には、【1】省エネ、【2】創エネ、【3】エコ実感、【4】環境調和の4つの柱があり、武蔵溝ノ口駅での創エネとして、太陽光パネルと「水と太陽光」のみで稼働する自立型水素エネルギー供給システムが設置され、「災害時」にライフラインが寸断された場合においても貯蔵タンクに蓄えた水素を利用し、燃料電池で発電することで「一時滞在場所で必要となる設備への電源供給が可能」となります。

 私は、今後起こりうる災害に対する備えとして、避難所などにこのような自立型水素エネルギー供給システムの設置についての検討が必要であると考えます。

水素ステーションの整備を

 次に、川崎市では、平成27年3月に「水素社会の実現に向けた川崎水素戦略」を策定し、水素エネルギーの積極的な導入と利活用による「未来型環境・産業都市」の実現を目標とする理念として、3つの戦略を立て取組みを推進しています。また、環境に優しい水素エネルギーを安全・安心に利活用することができる水素社会の実現のためには、水素供給設備である水素ステーションの整備とともに、ICTを活用した水素ステーションの店舗情報・稼働状況を確認できるシステムの普及も重要となってきます。

 私は、水素エネルギーのような持続可能なエネルギーにより、人にやさしい豊かな社会の実現のため、環境整備に取組んでいきたいと思います。

 ※…水素製造時にCO2を排出しないクリーンエネルギー

松井たかし 

川崎市中原区下小田中2-21-6-202

TEL:044-750-2671

http://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

感染抑制のためにPCR検査を

県政報告

感染抑制のためにPCR検査を

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

10月9日号

市は車両、車中避難体制を確立せよ。

市政報告vol.64

市は車両、車中避難体制を確立せよ。

川崎市議会 自民党川崎市議団副団長 末永 直

10月9日号

国への要望みのり、多摩川の治水対策が決定!

川底土砂掘削工事、下水道ゲートの自動化、監視カメラ設置地など 県政報告Vol.15

国への要望みのり、多摩川の治水対策が決定!

神奈川県議会議員 川本 学

10月9日号

市民の命を最優先に保健所体制の強化を

市政報告

市民の命を最優先に保健所体制の強化を

日本共産党川崎市会議員団 おおば裕子

10月9日号

観測機器のデータとコロナ禍の災害対応

市政レポートVol.14

観測機器のデータとコロナ禍の災害対応

川崎市議会議員 吉沢 直美

10月9日号

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

意見広告

野党統一で「命と暮らし守る」政治を

 立憲民主党 元衆議院議員 三村和也

10月9日号

やすらぎ永代供養 東樹院 

合祀10万円(※その他のプランもあり)見学会実施中 無料送迎致します

http://www.tojyuin.com/

川崎市薬剤師会

お薬手帳の上手に使うためのコツあります!

http://www.kawayaku.or.jp/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2020年10月23日号

お問い合わせ

外部リンク