中原区版 掲載号:2017年5月12日号 エリアトップへ

3月21日付で第52代中原警察署長に就任した 田中 武志さん 下小田中在住 55歳

掲載号:2017年5月12日号

  • LINE
  • hatena

初志貫徹、区民のために

 ○…住みたい街ランキングで上位にランクインする武蔵小杉。「都心へのアクセスやファッション性が理由に挙げられているが、『治安が良くて、安全安心が実感できる街だから住みたい』と言ってもらえるように活動したい」と話す。そのために、重視するのは地域との連携。「地域の安全のよりどころである警察と地域の力を結集して、笑顔あふれる中原区のために尽くしたい」と力を込める。

 ○…高校卒業後に神奈川県警に入庁。初めて配属されたのが中原警察署だった。2年ほど木月交番に勤務した時期もあり、「元住吉駅にはよく行ったよ」と懐かしむ。「当時と比べて街が変わった。警察署も建て替わってキレイになったし」と笑う。その後は、警備畑を歩み、長野五輪やアフリカ開発会議などのイベントで海外からの来賓、皇室関係の警備にも就いた。「要職の方々を守るというのは絶対に失敗が許されないし、外交問題に発展しかねない。重責だったけど誇りになった」と振り返る。

 ○…長崎県の出身。少年時代は田んぼや山、海、川など大自然に囲まれて育った。昔から体を動かすのが好きで、今でもランニングやウェイトトレーニングなどの運動でリフレッシュする。夫人と息子2人の4人家族。公舎に単身赴任中だが、この日は夫人が横浜の自宅から朝ごはんを作りに来てくれたそうで「妻には頭があがりません」と感謝する。

 ○…30年ぶりに中原署に戻って来て、「『住民のためにという基本に立ち返れ。初心を忘れるな』と天に言われた気がする」と話す。さらに、自身初の警察署長として「一国の主。責任の重さを感じる」と気を引き締める。署長として早速、地域のイベントにも顔を出す毎日。「4月はキャンペーンで、こども達と接する機会が多かった。笑顔がかわいいんだよね。未来を担うこの子たちが非行や事故に絶対に遭わないように、心してやっていきたい」

中原区役所よりお知らせ

中原区保育・子育て総合支援センターがオープン

https://www.city.kawasaki.jp/450/page/0000124044.html

<PR>

中原区版の人物風土記最新6

松本 智春さん

市立高津高校定時制の教員で、TEAM(チーム) NETSUGEN(ネツゲン)を主宰する

松本 智春さん

高津区在勤 51歳

3月5日号

登里 享平さん

川崎フロンターレDF(ディフェンダー)で背番号「2」をつける

登里 享平さん

30歳

2月26日号

和合 大樹さん

【Web限定記事】ウェブサイト『なかはらPR』を先月立ち上げた

和合 大樹さん

下小田中在住 21歳

2月19日号

佐藤 哲郎さん

西丸子小の学校歯科医を務め、コロナ下で児童の虫歯増加に警鐘を鳴らす

佐藤 哲郎さん

小杉町在住 62歳

2月12日号

川崎 晶子さん

台風19号多摩川水害を考える川崎の会のメンバーで、原告団の団長を務める

川崎 晶子さん

上丸子山王町在住 47歳

2月5日号

野村 正人さん

武蔵小杉駅前に昨年移転した川崎市総合自治会館の館長を務める

野村 正人さん

多摩区在住 62歳

1月29日号

働くなら地元!正社員募集中

今年創業100年の㈱横滝では販売営業、配送スタッフを募集しています

http://www.yokotaki.co.jp/

啓進塾 新入塾生を募集

中学受験専門 本当の「賢さ」を育てる 入塾説明会など開催

http://www.keisin.com

<PR>

意見広告・議会報告政治の村

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年3月6日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク