中原区版 掲載号:2017年5月19日号 エリアトップへ

市政報告N0.28 防災の基本は、「自らの身の安全は自ら守る」 川崎市議会議員 松井たかし

掲載号:2017年5月19日号

  • LINE
  • hatena

 川崎市備蓄計画は、平成23年3月11日に発生した東日本大震災を踏まえ、全市的な備蓄体制の強化を図るため、平成21、24年度の「川崎市地震被害想定調査」を比較し、被害が大きい結果に基づいて、公的備蓄物資の品目・数量の見直しや、各区への配分数量の明確化、帰宅困難者用備蓄や児童生徒用備蓄の新規位置づけ等を行い、取組を進めてきました。

 今回の改定では、首都直下地震対策における国の動向や平成28年4月に発生した熊本地震から得られた課題・教訓等を踏まえ、災害発生初動期に必要となる、備蓄食料やプライバシーの確保、衛生関連用品等の品目・数量の見直しを行うことで、さらなる備蓄体制の強化を図ることを目的に行われました。

「最低3日間、推奨1週間分」

 本計画では、市民の皆さんに、災害用の飲料水や食料品等を特別に購入しなくとも、普段から購入しているペットボトル飲料水や食料品、生活必需品等を上手に活用することによる家庭内循環備蓄(ローリングストック方式)により、「最低3日間、推奨1週間」分以上の備蓄を行うことが可能であることを啓発するとともに、家庭内備蓄の充実に向けた市の広報物や「ぼうさい出前講座」、自主防災組織の活動等を通じ、広報や啓発に努め、各家庭や地域における備蓄を促進しています。

 また、企業・事業者等については、震災時における従業員等の連絡方法を定め、「最低3日間、推奨1週間」分以上の備蓄等を推進し、地震が発生した場合には、住民と協力し、周辺地域における防災活動を行うことが求められており、備蓄の推進を図るための啓発や、従業員が、災害時に必要となる備えを行うよう呼びかけるとともに、企業・事業者等と行政との相互連携を図るために設置した防災協力連絡会において、情報や意見の交換を通じ、企業・事業者等の備蓄の推進などの防災対策の検討を進めることになっています。

 防災の基本は、「自らの身の安全は自ら守る」です。平常時から災害に備え、各家庭及び事業所等において「最低3日間、推奨1週間」分以上の備蓄を行うことが重要であると周知してまいります。

松井たかし 

川崎市中原区下小田中2-21-6-202

TEL:044-750-2671

http://www.t-matsui.jp/

中原区版の意見広告・議会報告最新6

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

市政報告vol.68

続・JR南武線連続立体交差事業、都市計画決定の再検討について

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月8日号

100周年 〜その先へ〜

市政レポートNo.100

100周年 〜その先へ〜

健康福祉委員会委員長 原 典之

1月1日号

コロナ禍を駆けて

県政報告

コロナ禍を駆けて

日本共産党神奈川県議会議員団 君嶋ちか子

1月1日号

道路・公園の補修依頼は写真と位置情報で

市政報告Vol.9

道路・公園の補修依頼は写真と位置情報で

川崎市議会議員 重冨たつや

1月1日号

罹災証明書の出張申請を可に。令和元年東日本台風を教訓に。

市政報告vol.67

罹災証明書の出張申請を可に。令和元年東日本台風を教訓に。

川崎市議会議員 自民党川崎市議団副団長 末永 直

1月1日号

「住み続けたい街へ」

市政報告

「住み続けたい街へ」

公明党川崎市議団 川島 まさひろ

1月1日号

不動産高額買取強化中‼︎

武蔵小杉で50年の実績と信頼、(株)山協商事にお任せください

https://sankyoushouji.com/

<PR>

あっとほーむデスク

  • 8月14日0:00更新

  • 6月19日0:00更新

  • 6月5日0:00更新

中原区版のあっとほーむデスク一覧へ

最近よく読まれている記事

コラム一覧へ

中原区版のコラム一覧へ

バックナンバー最新号:2021年1月22日号

もっと見る

閉じる

お問い合わせ

外部リンク